ポリアンサ

日本の野ばらと中国の庚申バラ(ロサ・キネンシス・ミニマ)との交配により誕生した、ギヨー作出の「パケレット」が最初の品種とされています。
ポリアンサとは「たくさんの花」を意味し、その系統名どおりに大変花付きが良く、多くは四季咲き木立性となります。色幅や花型の変化が少ないことから一時は栽培が少なくなりましたが、耐寒性も高く、花壇用品種としての優れた特性が見直される傾向にあります。丈夫で育てやすく、いつも咲いてくれるばらが何か身近に欲しいな・・・と思われるときにも、良きパートナーとなってくれることと思います。
「オルレアンローズ」はのちにフロリバンダローズを誕生させ、ティーローズとの交配で誕生したセシルブルンネやペルルドールなどは、その優雅な雰囲気で現在まで根強い人気を保っています。