ばらの大まかな分類と系統について

ばらは原種の数が多く交配の歴史も古いため、登録されているだけでも4万種以上の品種が存在します。しかし、園芸種のもととなった原種は意外に少なく、10種程度に集約されていきます。これらの血筋をもとに、たくさんあるばらの園芸種たちもいずれかのグループ=系統に分類され、系統名から品種の特徴をおおまかに判断することができます。

ご自分の希望に見合ったばらを選び出すためにも、系統に関する知識を得ておくことは大変有効と思われます。

ロサ・ムルティフローラ ロサ・バージニア ロサ・キネンシス

ばら(薔薇)は、バラ科バラ属に属す被子植物の1つです。北半球にのみに自生し、その数は 150 ~ 200 といわれています。これら自生していたばら達を「原種(Species)」と呼んでいます。この原種からばらの歴史は始まっていきます。

原種ばらのほとんどはシュラブ樹形かつるばらで、春にのみ開花する「一季咲き」がほとんどになります。ただし、中国に自生していたと言われている「庚申ばら(ロサ・キネンシス・マイナー等)」に関しては四季咲き性を有しており、後のばらの発展に大きく貢献することとなります。日本の原種では「野ばら(ロサ・ムルティフローラ)」が最も有名で、ばらの世界に房咲き性という性質を与え、またばら生産において台木としての役割も持っています。

原種ばらは自生していたものということもあり、扱いとしては少々難しいところがあります。ただ、園芸種としてではなく極限まで飾りをそぎ落としたようなシンプルな美しさの世界が待っています。また、品種によっては完全な耐病性を有しているものもあります。

原種ばらが自然交雑されて誕生した品種もあり、これらは原種系交雑種としていくつかの系統があります。日本では「ハマナス(ハマナシ)」に代表される「ハイブリッド・ルゴサ」などが原種系交雑種として有名です。

原種
原種
ばらの自生種で北半球にのみに生息。園芸種にはないシンプルな美しさがあります。枝は少々扱いにくい点があるものの、自生種ならではの力強さがあります。庚申バラ系であれば四季咲き性を有しているものもあり、ばらの歴史の始まりが垣間みえます。
ハイブリッド ルゴサ
ハイブリッド ルゴサ
一般的に「ハナマス(ハマナシ)」の名で伝わっている系統群で、原種の「ロサ・ルゴサ」が関わる交雑をしています。自生種は東北に多く見られることから分かる通り、耐寒性に優れ、また黒星病などの病気にも強い耐性を持っています。枝にトゲが多数あり、多くは自立型の樹形。
ハイブリッド スピノシシマ
ハイブリッド スピノシシマ
ヨーロッパに分布する「ロサ・スピノシシマ」を交配親にした系統。品種数は少ないですが、ステムが短く細かい刺があり、葉は小さく枝も細い(例外有り)などの特徴があります。シュラブ樹形になるものがほとんどなので、自然樹形での管理も面白いでしょう。
ハイブリッド フェティダ
ハイブリッド フェティダ
西アジアに自生する黄色の花の原種「ロサ・フェティダ」に深く関連する品種群です。今では当たり前の黄色の花は、この系統の品種から受け継いでいます。「ペルネシアナ系」とも呼ばれます。病気や湿気等の耐性はありませんが、純黄色の原種として貴重な品種たちです。
ハイブリッド エグランテリア
ハイブリッド エグランテリア
「ロサ・エグランテリア」を交配親とする品種群。品種数は少なく、花は一重咲きのものがほとんどでバリエーションが少ないのですが、葉に青りんごのような香りがあるという他の系統にはない特殊な性質を持っています。細枝で比較的早咲きです。

カーディナル・ド・リシュリュー マダム・アルディ ブラッシュ・ノアゼット

「オールドローズ」とは、名前の通り古くからある歴史的な品種群を指します。

1867年に作出された初のハイブリッド ティー種である「ラ フランス」以前のばらを総称して指しますが、学術的に明確な定義があるわけではありません。便宜上の分類と言えます。当園では、ガリカローズを始めとする古代から栽培されていた品種、および18世紀から20世紀初頭にかけて確立されたつる性の品種群をおおまかにオールド ローズとして区分しています。

品種の成り立ちの違いからいくつかの系統があり、それぞれ特徴が異なりますが、一般に「つる性」であることが共通しています(一部ブルボンローズにて例外有り)。また、「ダマスク香」に代表されるすばらしい芳香を持つ品種が多いことも特徴です。古い系統ほど一季咲きのものが多くなり、枝はしなやかで誘引しやすく園芸素材として最も優れた性質を持っています。そこから返り咲きの系統群も発表されていき、庭の見せ方のバリエーションが多くなっていきます。

ガリカ
ガリカ
オールドローズの中で最も古い系統。「燃えるように赤いばら」との記録が残る赤ばらの祖としても重要な系統。ソフトピンクや絞り咲きの品種も見られます。すべて一季咲き、枝がしなやかで花付きや香りがよいため、庭園素材として最も優れている系統の1つ。
アルバ
アルバ
ガリカ・ローズと対をなす存在、こちらは白ばらの祖として重要な系統。欧州や西アジアに分布する原種ばらの自然交雑により生じたとされています。美しい青みを帯びた葉や透明感のある花色、そして清涼感あるふれる芳香が特徴。清楚感を出したいときに。
ダマスク
ダマスク
「ダマスク香」の名前で有名。ダマスクの名はシリアの首都ダマスカスにちなむとされています。白~淡いピンクの花がメイン、その香りが評価されブルガリアや南フランスなどでは香料としても利用されています。庚申バラとの交配により新系統を誕生させています。
ケンティフォリア
ケンティフォリア
系統名は「100枚の花びら(または葉)」の意。「キャベッジローズ」の名も生まれ、肖像画でマリー アントワネットが手にしているばらもこの品種といわれています。オールドローズらしいエレガントな花容と芳香に恵まれています。重ね多い花でカップ咲きの品種も多い。
モス
モス
ロサ・ケンティフォリアから突然変異により生じた系統。蕾や花に分泌液を出す繊毛があり、また枝にも多くのトゲで覆われている姿には圧倒されます。いかにもオールドローズらしい優雅な雰囲気にあふれた品種群です。一部にダマスクローズ起源の品種も存在します。
ブルソール
ブルソール
品種数が少なく系統として認めない考え方もありますが、庚申ばらの影響を色濃く残し、比較的初期の交配種として興味深いと思います。赤みを帯びた枝や葉の繊細さが美しく、多くは早咲きでトゲも少ないか全くないので誘引も容易です。
ポートランド
ポートランド
西洋のばらと庚申バラとの交配で誕生した系統とされています(ただ、諸説あり)。病害虫には特に注意が必要な、お姫様のような系統ですが、それぞれに大変魅力的で根強い愛好家を持つ系統でもあります。ブルボンローズより返り咲く品種が多く見受けられます。
ブルボン
ブルボン
つる性としての性質が強いため返り咲きは少なめですが、カップ状であったりロゼット状であったりと優雅で魅力的な花容を持つ品種が多い。家庭用つるばらとしての実用性にも大いに注目されます。一部四季咲き品種もあることから、その起源にも興味が湧きます。
ハイブリッド ムスク
ハイブリッド ムスク
20世紀に入ってから確立された系統。成り立ちがはっきりしませんが、多くは安定した返り咲き性を有し、秋まで咲き続けるものもあり、家庭用のつるばらとしても高い人気を誇ります。また、耐寒性にも優れているので寒冷地向けつるばらとしておすすめ。
ノアゼット
ノアゼット
例外もありますが多くの品種が返り咲き性に優れ、優雅な色彩と繊細な花容を持ち、家庭用のつるばらとして現在も人気の高い系統です。特にアーチなどに適正を持つ品種が多いです。黄色系の品種は、寒冷地では防寒対策が必要と思われます。
ハイブリッド パーペチュアル
ハイブリッド パーペチュアル
オールドローズとしては最後の系統となります。大輪で強健な四季咲きばらを生み出すべく誕生しましたが、まだつる性です。パーペチュアル(四季咲き)というほどの返り咲きは得られなかったものの、魅力的な花容や芳香に、当時の人々の注目も集まりました。

春がすみ フランソワズ・ジュランビル カクテル

つるばらと聞いてイメージされる典型的な品種群です。
「クライミング」「ランブラー」「シュラブ」の三系統です。因みに、当園では取り扱いがございませんが、「イングリッシュローズ」はシュラブに分類されます。

「クライミング ローズ」は、おおまかに分けて成り立ちが2つあります。1つは元々つる性として作出された品種たち、もう1つは四季咲き木立ち性ばらからの枝変わり(突然変異)により生じた品種たちです。品種数もバリエーションも大変多く、個性豊かな系統です。四季咲き品種からの枝変わりによって生じたつるばらには「つる○○」と命名され、四季咲き時の名前が引き継がれます。つる化することで四季咲き性は失われますが、花と葉の特徴をそのまま受け継ぎます。

系統として認められている「ハイブリッド コルデシー(Hkor)」は品種数が少ないため「クライミングローズ」に分類しております。ロサ・コルデシーを元にした系統で、耐寒性に優れたつる性バラです。

「ランブラー ローズ」は、その起源になった原種たちによって細かく分類されます。具体的にはつるばらの仲間のうち、日本の野ばら(ロサ・ムルティフローラ)や照葉ノイバラ(旧ロサ・ウクライアナ、現ロサ・ルキアエ)、その他ロサ・モスカータやロサ・セティゲラなどを交配親とする品種群をランブラーローズと呼んでいます。多くは交配親である原種からの影響で小輪房咲き、一部の例外はありますが春のみの開花で伸長力強く、花付きが大変良いのが特徴です。特に照葉ノイバラを交配親にもつハイブリッド・ウクライアナ系は耐病性に富みます。

最後の「シュラブ ローズ」は、以上に紹介してきたつるばらの中で、他のどの系統にも含めにくい品種全般に使われている言葉です。イングリッシュローズもこの系統に含まれます。様々な品種が雑多に集まっているので、その種類も性質も様々あります。

クライミング
クライミング
いわゆるもっともつる薔薇らしい系統。もとからつるとして作出されたものと、四季咲き品種からの枝変わりによって誕生した品種の2つがあります。昔は一季咲きが中心でしたが近年の品種は返り咲きするものが多くなっています。品種も性質も多様でバリエーションに富んでいます。
ランブラー
ランブラー
起源となった原種ばらによって性質は少しずつ異なりますが、交配親である原種からの影響で小輪房咲き、一部の例外はありますが春のみの開花で伸長力強く、枝がしなやかで花付きが大変良いのが特徴です。壁面等広いスペースを覆いたいときに活躍します。
シュラブ
シュラブ
他のどの系統にも属せないつる性の品種をまとめて「シュラブ」として扱います。そのため、その性質も様々で一季咲きのものから繰り返し咲くものまで、花の色も白から黄色、バイカラーのものもあります。当園では取り扱いはありませんがイングリッシュローズも含まれます。

イングリッド・バーグマン アイス・バーグ リュータン

名前の通り「四季咲き性」を示す「木立性」の品種群です。

植物学的な「四季咲き」とは、一定の温度があれば安定して必ずつぼみを持つ(返り咲き性が不安定でない)性質のことを指します。そのため、樹形は「横張り/直立」などの違いは品種により生じるものの、自立型でつる性種よりコンパクトに収まることが特徴です。

つる性でありながら「四季咲き」の表記がある書籍などもございますが、つる性種である以上どんなに返り咲きが多くとも、いわゆる「すり鉢状」の樹形にはならず、栄養を枝を伸ばす方向へ使っていき、剪定による開花調整が安定しない特徴があります。そのため、厳密に言うと「四季咲きつるばら」は矛盾した言い方となります。当園では厳密に分けて表記しています。

中国のロサ・キネンシス系の中で完全に四季咲き性を有していた品種があり、これらをヨーロッパへ運んで交配に使ったことでばらの世界には返り咲きつるばらや、完全四季咲きの品種が多く誕生することになります。

その起源により四季咲き品種もいくつかの系統に分けれています。四季咲きを最初から有していた「四季咲きの祖」とも言うべき「チャイナ」「ティー」に始まり、それとオールドローズとを交配させて作られた「ハイブリッド・ティー」。野ばらも交配に使って房咲き性四季咲きばらとなった「ポリアンサ」、その発展型である「フロリバンダ」。四季咲きのロサ・キネンシス系の中にあった、葉も樹も花もすべてがコンパクトであった「ロサ・キネンシス・ミニマ」から誕生した「ミニチュア」など、四季咲き品種はそれまであった原種やオールドローズよりも姿形が多種多様で、黄色や青紫といった色の花のものも交配によって誕生しています。

樹形はコンパクトで剪定により大きく樹高を調整できるので、花壇や鉢植えなどに大活躍します。今もなお多くの品種が生み出されて続けている情熱あふれるばらたちです。

チャイナ
チャイナ
中国原産の品種群。その中に四季咲き性を有していた品種が見つかり、ばらの世界に大きく貢献した系統。「四季咲きの祖」とも言える重要な系統です。花色は淡いピンクから濃い赤まで様々で、香りの強弱にも幅があります。つる性のものも一部あります。
ティー
つる ティー
ティー
こちらも四季咲き性を有していたことで重要な系統。チャイナローズと極めて近い関係にありますが、花容や株姿は一般的にチャイナローズより大型で、黄色味の感じられる色調の花が多い、多くは枝に赤みがさす、ティー香があることが特徴です。一部つる性のものもあります。
ハイブリッド ティー
ハイブリッド ティー
ハイブリッドパーペチュアルとティーの交配で誕生した系統。人々が追い求めてきた交配によって作られた強健な完全四季咲き大輪ばらで、多くの育種家が今もなお情熱を持って作出している、ばらの中で最も熱い系統です。色や花型、香り、樹形など様々あります。
ポリアンサ
ポリアンサ
日本の野ばらの特徴であった「房咲き性」を四季咲き品種へと転用した系統。色幅や花型の変化が少ないですが、多くは耐寒性に優れており、ころんとした小さめの花が房になってたくさん咲く姿は圧巻。品種によっては大型の株になることもあります。
フロリバンダ
フロリバンダ
ポリアンサでは花色や花型の幅がなかったため、中輪房咲きでバリエーション豊かな品種がほしいということになり誕生した系統。耐寒性もいくらか受け継ぎ、かつ房咲きで中輪種が多い。株姿がまとまりやすいため、花壇等小スペースの植栽におすすめです。
ミニチュア
つる ミニチュア
ミニチュア
庚申バラの1つである「ロサ・キネンシス・ミニマ」が起源の、葉・樹・花すべてがミニサイズの品種群。すべての系統の中で四季咲き性が最も強く、年中開花している姿が見れます。つる性のミニチュアばらもあり、中には伸長力旺盛なものも。
グランディフローラ
グランディフローラ
ハイブリッドティーとフロリバンダの交配により誕生した系統。両系統の長所を受け継ぎ、多くは大輪で樹勢が強く、房になって咲きます。ただ、最近はハイブリッドティーとの判別ができなくなってきたのでこの系統を認めていない国も多い。

検索フォームの使い方

バラの種類と系統

絞り込み検索

肥料・培養土

庭造り素材

コラム

用語集

ブログ

書籍

書籍

ページ上部へ戻る