ハイブリッド ティー

ラ フランス – La France

ラ フランス - La France
ラ フランス - La France
ラ フランス - La France
ラ フランス - La France

ハイブリッドティーローズ第一号として著名な品種ですが、作出当時はハイブリッドティーという系統が確立されていなかったため、ハイブリッドパーペチュアルローズ(HP)として栽培されていました。完全に四季咲きで木立になる株姿は、これまでの半つる状(またはつる状)のハイブリッドパーペチュアルとはまったく異なっていたため、ハイブリッドティーという系統が確立した後に遡って第一号品種として認定、絶大な名声を得ます。株姿はティーローズのように細枝ではありながら、ハイブリッドパーペチュアルのような強靱さを持ち合わせており、この点が従来の四季咲きばらであったティーローズやチャイナローズとは一線を画す新しいタイプのばらであるとして注目されます。

オールドローズ風の花型は雨に弱い弱点はあるものの、花付き良く株姿も整いやはり一作の価値があります。花は俯き加減に咲きます。黒星病にも要注意ですが、葉の展開が早く再生が容易です。明るい緑の葉はよく茂ってすがすがしい美しさです。甘く素晴らしいモダンダマスクの芳香があり、香りを楽しむ名花でもあります。日本では、明治から大正時代に「天地開」との名前で栽培されていました。

交配には諸説あります。ハイブリッドパーペチュアルの「ヴィクトール・ヴェルディア」とティーの「マダム・ブラヴィ」との交配という説、「マダム・ファルコ」というティー種の実生であるという説(こちらが公式発表)の2つがあります。遺伝子学的に前者は整合性が取れないようなので現在は後者でよく見かけますが、Modern Roses Ⅺでは交配情報の登録が無くなっているので、結局のところよくわかっていないようです。

ラ・フランス誕生以前のばらを「オールド・ローズ」、以降のばらを「モダン・ローズ」と一般的に区別されますが、学術的なものではなく便宜上の分類でかなり大雑把なものなので考え過ぎないようご注意下さい。

品種名 ラ フランス
ローマ字 La France
商品番号 1180356
系統 ハイブリッド ティー (HT)
Hybrid Tea
成長形態 木立性
咲き方 四季咲き
香り 強香
花径 10㎝
樹高 1.2m
樹形図 1b番 半直立
作出年 1867年
作出国 フランス
作出者 Jean-Baptiste André (fils) Guillot
別名 天地開
その他

交配
交配には諸説あります。Madame Falcot の実生または(以下の交配情報は2000 年に刊行された Modern Roses Ⅺでは削除されています)Victor Verdier × Mme.Bravy

各種データの読み方


※表示中の「大苗」のお値段は概算価格です。

生育状況が各苗、また季節ごとに異なるため、概算価格での表示となっております。ご注文後に再度「お見積り金額」をメールにてお知らせしております。大苗の価格は表示価格よりお安くしていることが多いです。


姫野ばら園八ヶ岳農場のFacebookページ

6~7寸鉢 大苗

在庫状態 : 在庫有り

税抜き価格  ¥3,700

参考価格  ¥4,070(税込み価格)

数量  

四季咲きばらの種類 – 季節を通して咲くばらの性質と系統

つるばらの種類 – つる状に伸びるばらの性質と系統

樹形図
樹形図番号 1b番 半直立 の樹形

四季咲き木立品種限定の樹形図番号です。

四季咲き品種は気温さえあれば安定して何度も開花するため、枝は固くなり早期に自立します。枝が伸びやすい方向は品種によって異なり、「半直立」は比較的「枝が直立気味」の樹形となる品種に割り振っています。

ただ、「半横張り」とそこまで大きな差はなく、あくまでそのような傾向にある程度にお考えいただければと思います。冬の剪定時に内芽、外芽を意識することである程度樹形を調整可能です。

樹形図の詳細

この品種は『四季咲き 木立性』品種です。

『四季咲き』品種は、生育期間中に一定の気温以上が確保できれば、伸長した枝先に必ず開花が起こる性質を持った品種たちです。一部の例外を除き、つる状に枝を伸ばすことはありません。

気温されあれば、春から初冬までに何度も開花が見られます。開花から次の開花までに要する時間は気候条件と品種の特性によって異なりますが、冬以外は安定したサイクルで開花が見られ、枝を切ってから次の開花までの時間を予測可能であることが特徴です。

このような性質があるため、9月上旬頃の「夏剪定」による開花調整が有効な品種たちで、特に大輪花であるほど効果的です。

一定以上枝が伸びれば必ず枝先に開花が見られるため、四季咲き品種は極端に枝が伸びることが無く、また花ガラ切り(凋花切り)により都度「節」ができることから株立ちは『木立状』になります。また、剪定による管理が基本で、冬になれば樹高を低くして次年度の春の開花に備えます。

詳しい性質は下記のコラムページをご覧ください。

四季咲きばらの種類 – 年中咲くばらの性質と系統

ラ フランス
撮影日 2021年5月14日
撮影場所 当園ハウス内
撮影情報
Canon EOS R5 , Canon RF 50mm F1.2 L USM , 50mm , F8 , 1/200秒 , ISO100 , 4900K
ラ フランス
撮影日 2021年5月7日
撮影場所 当園ハウス内
撮影情報
Canon EOS R6 , RF50mm F1.8 STM , 50mm , F4 , 1/200秒 , ISO100 , 5000K
ラ フランス
撮影日 2021年5月8日
撮影場所 当園ハウス内
撮影情報
Canon EOS R6 , Canon RF 50mm F1.2 L USM , 50mm , F8 , 1/30秒 , ISO100 , 5000K

関連品種