ばら苗の手入れ

ばらのシュートピンチのやり方

ばらのシュートピンチのやり方

オールドローズを含むつる性ばらや原種ばらのシュートは、翌年の開花のために大切に伸ばしておくことが基本でシュートピンチは必要ありません。返り咲き性のシュラブローズも同様で、シュートピンチを行う必要性は薄いでしょう。

しかし、四季咲き木立ばらの場合は対応が異なります。ハイブリッドティーローズをはじめとする四季咲き木立性ばらの太いシュート、特に株元付近より発生するシュートを「ベイサルシュート」と呼び、これらは放置すると必ずほうき状に蕾をつけ、枝の成長を止めてしまいます。

この状態になると、次の成長段階へ移行せず枝の成長がここで止まってしまいます。折角の有望な開花枝の生育がこれ以上見込めなくなってしまい、その年の秋の開花、ひいてはベイサルシュートを下支えとした来年以降の開花状況に大きく影響してしまいます。

「枝の生育がこの状態のまま止まってしまう」のが一番の問題です。開花により使用された栄養は施肥等でまだ改善ができますが、ほうき状に蕾が付いた状態になると仮に栄養があっても生育が鈍ったままになります。優先して栄養が送られ、太く立派な枝となりえるベイサルシュートの生育が鈍ると、それは来年の春の開花数や質にまで影響してしまいます。

ほうき状になってしまった苗
▲ほうき状に蕾をつけてしまった枝

もちろんほうき状になって花が咲いたからといって枯れるわけではありませんし、ばら公園などでは少しでも多くの開花を得るために、あえて咲かせている場合もあります。

しかし一般的な栽培では、ベイサルシュートは来年以降の有望な開花枝であるため、蕾が小さい内にピンチ(枝先をつまむこと)をかけ、枝の成長を止めないようにします。

シュートピンチのやり方

シュートピンチ

蕾はつまめる大きさのときにピンチ

小さな蕾が確認できたらシュートピンチの適期です。枝の成長を枝先で止めてしまう「開花」を抑制することが目的になりますので、蕾が確認できるまではそのまま伸ばしておきます。

蕾はつまめる大きさのときにつまむことが理想となります。蕾に栄養が行く前につまむことで、枝の成長が促進され、より充実した開花枝とすることができます。

枝が柔らかいうちに行なうことがポイントです。柔らかい枝は芽吹きが非常に早く、容易に枝が再生して次の成長段階へ向かうことができます。また、枝の太さは元の枝と同等のものが得られ、樹の勢いもよく、秋に向けて充実した枝を作ることができます。夏剪定を行う際も、多くの充実した芽が残ることとなり、剪定位置を広く選ぶことができるようになります。

株元付近にある、太く充実したベイサルシュートの芽は休眠した状態になりますので、これを冬剪定の位置として決めることも容易となります。ここまでくれば来年の開花も問題なく得られるようになります。

これより蕾が大きくなってしまい、指のみではピンチが難しくなった場合は、鋏を使い葉をひとつ付けて切ることで対処できます。

ほうき状になってしまった場合

指先でつまめる柔らかさのうちに行うのが理想ですが、もしほうき状になってしまった場合は写真を参考に、Y字型になるようにカットしておきます。

真ん中の太い枝で分岐したところを切る
真ん中の太い枝で分岐したところを切った後
脇の細い枝を、数枚葉をつけて切る
切った後
もう片方も同様に切る
切った後

枝が固くなっているので次の新芽がでてくるまで少し時間がかかりますが、これによりベイサルシュートの成長が再開されます。

一般平地での場合ですが、9月中旬くらいまでシュートピンチをつづけ、10月以降は枝の充実のためにも開花させると良いかと思います。ピンチ後の枝は大きく枝分かれすることがなく、数輪の房咲き状態で開花するようになりますので、栄養の分散も起こらず、秋の適度な気温もあって立派なお花を楽しめるようになります。

シュートピンチは主にハイブリッドティーローズ、フロリバンダローズ、大輪のティーローズなど太いベイサルシュートを発生させる品種に有効な管理方法であり、もともと花房の大きいポリアンサローズやミニチュアローズでは不要です。

ただミニチュアローズでも大型の品種は太いベイサルシュートを発生させることがあるため、そのときはシュートピンチも有効であると思われます。

代表 – 姫野 由紀 著

関連記事一覧