会社概要

販売業者 姫野ばら園 八ヶ岳農場
代表者 姫野 由紀
所在地 〒399-0101 長野県諏訪郡富士見町境 9700
電話番号 0266-61-8800
FAX 番号 0266-61-8801
e-mail rose@himenobaraen.jp
設立 2012年3月
資本金 700万円
従業員数 8人(季節により変動あり)

営業時間・定休日

当園は「毎週日曜日」を定休日とさせていただきます。
休園日は電話応対などの業務もお休みとさせていたきます。ご注意ください。
定休日にご来園の場合は必ず事前にご連絡ください。

お電話によるお問い合わせ受付時間は 8:30~17:00 まで、土曜日のみ 8:30~12:00 までです。
ご不便をおかけ致しますが、皆様のご理解ご協力をお願い申し上げます。

4月~6月ころでのご来園につきまして

この時期は最も混み合う時期になりますので、スタッフがご対応できない場合がございます。

お手数ではありますが、ご来園の際は平日でも事前にメール等でご連絡をお願いしております。
お電話が繋がりにくい時期ですので、メールやFAXでご連絡いただけましたら幸いです。

ごあいさつ

このたび村田ばら園八ヶ岳農場より事業を引継ぎ、新たに姫野ばら園八ヶ岳農場として出発するはこびとなりました。

これまでも村田ばら園の中ではもっとも古くから勤務しているスタッフとして、長らくお客様にもお世話になってまいりました。村田 晴夫の遺志を微力ながらも継承し、皆様と共に「ばらの文化と伝統」を、再び分かち合うことが出来ましたら本当に嬉しく思います。

原種からハイブリッドティ種まで、現在では稀少となった品種も多数ご用意致しております。ばら苗の専門店として、良質の鉢苗と庭造りの素材をご提供すべく努力して参ります。これからもばらを愛する方々のよりどころとして、小さな歩みではございますが、お役立て頂けましたら幸いです。

当園ではばらの苗はすべて鉢仕立てですので、一般平地にお住まいのお客様であれば季節を問わず植え付け可能です。

当方も在庫のある限り、通年鉢苗の発送を行っておりますので、思いついたときにいつでも、ご注文、お問い合わせをいただけましたらと思います。

また、カタログでは紙面の都合上すべての品種を掲載することができませんのでカタログ外品種についてもお気軽にお問い合わせ下さい。 Webページではカタログ外品種も含めて当方の保有する品種を出来るかぎり掲載して参りたいと思います。まだ写真の掲載が少ないですが、徐々に写真付きでご確認いただけますよう、準備して参ります。

代表 - 姫野 由紀

取り扱い品種について

当園ではかねてより、文化的遺産としてのばらの品種保存に尽力して参りました。

従いまして新花の取り扱いは基本的に行っておりませんが、原種からオールドローズ、つるばら、そして四季咲き木立性ばらに至るまで、その時代を彩った品種や庭造りの素材として優れた品種などを中心に、幅広い品揃えがございます。詳しくは各系統のページや品種検索機能をご活用下さい。

※イングリッシュローズに関しましては代理店の関係から、現状では取り扱っておりません。

苗の形体について

当園は鉢苗仕立てにて生産しております。そのため、販売時期は限定的でなく通年苗の販売をしていおります。

夏場でも、根を切ることなく植えることができますので、急激に萎れることもありません。
お客様の好きな時期にお買い求めになれます。

著作権など

著作権について

当園が管理するWebサイト(姫野ばら園八ヶ岳農場、観察ブログ)上で提供しているコンテンツ(文字、写真、画面、表、図などすべて)に関して、その一部またはすべてを著作権者の許可なく、私的目的以外での使用を禁止いたします。

すべてのコンテンツの著作権はコンテンツの創作者が所有しており、著作権者あるいは肖像権者の許諾を得ない「私的目的以外の複製」および「引用」の範囲を超えたコンテンツの複製、転載、改変、頒布などの行為は著作権法により罰せられます。

リンクについて

本ブログは原則リンクフリーです。その際の許諾確認のご連絡も不要です。
ただし、以下のような場合はリンクをお断りする場合があります。

  • アダルトコンテンツや違法コンテンツを掲載しているサイト。
  • 違法な行為、活動をしている、それに関与している可能性のあるサイト。
  • 商用目的で運営されているサイト。

商用目的でリンクを貼る場合はお問い合わせいただき許可を得てください。
また、相互リンクは募集しておりません。

直接、記事ページへのリンクをされても問題ありませんが、URLは事前に予告なく変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

代表 プロフィールと経緯

姫野 由紀
代表 姫野由紀(ヒメノユキ)

当園の代表を務めさせていただいております。出生地は兵庫県芦屋市ですが育ったのは奈良県で、話し言葉は今も関西方面のものです。

子供の頃から植物や鳥が大好きで、今もそれはずっと変わらず続いています。

ただ、この農場に就職するまでは5年間会社員として勤務していました。サッシや住宅設備機器を扱うトステム株式会社で、ショールームスタッフとしてシステムキッチンやバスルーム、その他取扱商品のご説明やご提案、見積書作成などの業務にあたっていました。会社の方々には大変お世話になり、今もその思いは尽きることがありません。自分の社会人としての基本はこの時期に培われたものと考えております。

一方で絵を描いたり、楽器を演奏するのも好きでしたので京都教育大学内にて日本画を専攻し、中学生の時に初めて習ったフルートは現在も細々とではありますが、ご指導も頂いて続けております。

村田 晴夫氏との出会い

「村田 晴夫さんとはどうやってお知り合いになったのですか?」とよく聞かれます。実は口コミなのです。

ショールーム勤務も4年目を迎えた頃から、子供の頃から好きだった植物や自然に関わる仕事がしたいという気持ちが日に日に強くなり、そのような仕事をもとめて活動し始めていました。そんな折、甲府で会社勤務をしていた妹から「小淵沢にばらの農場があって、管理をしてくれる人を探している人がいる」という連絡があったのです。

その人がまさに師匠でもある村田 晴夫その人でした。1999年10月21日、小淵沢駅で初めての対面でした。小淵沢の農場は当時まだ畑一面だけで、人手が入っていなかったため少々荒れてはいましたが、たくさんのばらたちに囲まれ、私の気持ちに不思議と迷いはありませんでした。

程なくしてお世話になったトステム株式会社に今期にて退職の意を伝え、半年後の4月よりまったく新しい生活が始まりました。ちなみにこの頃は村田ばら園ではなく「山のばら園」という名称を使っていました。

村田氏は大変優しく、また冗談を言ったりするのも好きでした。当時「おやじギャグ」などという言葉がありましたが「おやじギャグは嫌だからせめてオジンジョークといって下さい。」と言っていたのも懐かしい思い出です。

富士見町への引っ越し

農場へ務めだして2年ほどたった頃、土地を貸していただいていた地主様から返却の希望が伝えられました。これは大変、急いで新しくお借りする土地を探し、ばら苗からビニールハウス、資材類、農機具、水道設備にいたるまであらいざらいすべてを撤去しなくてはなりません。

一方でばらの苗の手入れ、通信販売業務など稼ぐことももちろん並行してこなさなければ資金が足りません。この時期のことはとにかく大変だったという思い出しか出てきません。2年がかりでようやく移転をすませ、今の長野県富士見農場になんとか落ち着きました。

村田ばら園八ヶ岳農場から姫野ばら園八ヶ岳農場までの道のり

富士見に移ってからもたくさんの課題がありました。大変な湿地状態であったため、まず貯水と水抜きを兼ねた井戸を掘り、また一層寒さが厳しくなったため接ぎ木や冬場の苗管理なども、試行錯誤の連続でした。

ばら農場の仕事などといいますとばらの手入れが主であるように一般には思われがちですが、実際にはばらが順調に育つような環境を整えることが主であり、そのためには草刈り、水道管の設置、作業用通路の整備、ビニールハウスの設置および補修などひたすら地味な作業の連続でありました。

そのようにして紆余曲折ありながらも形作られてきた農場でしたが、2011年11月、前代表の村田 晴夫急逝という思いもよらない事態を受けて、農場内では最も長く仕事を共にした自分自身も、農場のばらと共に事業を引き継ぐか、あるいは他の道を模索するのか、決断の時がやって参りました。

前述の通り農場の運営というのは地味で体力的もいりますし、加えて借財の返済、雇用主としての責務もあり、さまざまな意味で難事業であります。なかなか決断を下せない時期が3ヶ月ほど続きました。

最終的には私の中で最後まで輝きを失わなかった思い、「どのような状況になったとしても自分は最後まで、ここのばらと共にいよう。あきらめるのは自分が最後にしよう。」という思いを軸に、とどまることを決意いたしました。

代表として自分がトップに立って農場を運営していくのは、村田 晴夫という代表が別にいて、その中で管理責任者として運営してゆくのとではやはり全然、違っていました。新しい道をまた築いてゆかねばならず、これまでより一層、学び多くそして深き道となりました。

良い苗をお届けしたり庭造りに関する有益な情報をご提供したり、そしてばらたちの魅力を少しで多くの方にお楽しみ頂けますよう、代表としては本当にまだまだですが、一歩の力を信じてもうしばらくここにいます。

検索フォームの使い方

特大苗のご案内

バラの種類と系統

姫野ばら園 公式Instagram

絞り込み検索

肥料・培養土

庭造り素材

コラム

用語集

ブログ

書籍

書籍

ページ上部へ戻る