ハイブリッド ムスク

クリュタイムネストラ – Clytemnestra

クリュタイムネストラ - Clytemnestra
クリュタイムネストラ - Clytemnestra
クリュタイムネストラ - Clytemnestra
Sold Out

コーネリアに似ますがより黄色みが強く、暖かな色調です。小さな花が房になって咲き、花弁が少し反り返り、菊の花にも似て、素朴で可憐な印象です。細枝でトゲが殆ど無く扱いやすく、葉は光沢があって美しい。ほのかな香りがあり、返り咲きも多くてご家庭用の返り咲きつるバラとして期待されます。花名はギリシア神話に登場するスパルタの王女で、ミュケナイの王妃となった女性にちなみますが、物語中の穏やかならぬ様相をまったく感じさせません。

品種名 クリュタイムネストラ
ローマ字 Clytemnestra
商品番号 1140026
系統 ハイブリッド ムスク (HMsk)
Hybrid Musk
成長形態 つる性
咲き方 繰り返し咲き
香り 微香
花径 4㎝
樹高 4m
樹形図 4番
作出年 1915年
作出国 イギリス
作出者 Rev. Joseph Hardwick Pemberton
別名
その他

交配
Trier × Liberty

各種データの読み方


※表示中の「大苗」のお値段は概算価格です。

生育状況が各苗、また季節ごとに異なるため、概算価格での表示となっております。ご注文後に再度「お見積り金額」をメールにてお知らせしております。大苗の価格は表示価格よりお安くしていることが多いです。


姫野ばら園八ヶ岳農場のFacebookページ

6寸鉢 大苗

在庫状態 : 欠品

税抜き価格  ¥4,000

参考価格  ¥4,400(税込み価格)

SOLD OUT

大苗 (7寸鉢苗)

在庫状態 : 欠品

税抜き価格  ¥4,500

参考価格  ¥4,950(税込み価格)

SOLD OUT

四季咲きばらの種類 – 季節を通して咲くばらの性質と系統

つるばらの種類 – つる状に伸びるばらの性質と系統

樹形図
樹形図番号 4番
オールドシュラブ型樹形 – 自立半球形盛上り型

つるばらの最も一般的な樹形である「シュラブ樹形」と呼ばれるもの。

株元より放射状に数本の主幹となる枝を伸ばします。ベイサルシュートは勢い良く上向きに伸び、途中から大きく湾曲を始めます。開花は湾曲部から枝先端部におこり、湾曲頂点から株元までの間では、サイドシュートの発生が見られます。枝の先端は下垂し地表に着く場合もあります。

どちらかといえば一季咲き品種が多く、枝は曲げやすく、フェンスや壁面など、広くさまざまな植栽場所に対応しやすい樹形です。

樹形図の詳細

この品種は『繰り返し咲き つる性』品種です。

『繰り返し咲き』品種は、春以降にも開花が見られる『つる性』品種のうち、秋の返り咲きも十分期待できる品種として当園では定義しています。

秋の花も十分楽しめるほどの返り咲き性を有した品種たちではありますが、「四季咲き」品種のように剪定による開花調整はできず、あまり開花することがない「つるばら」としての主幹が伸びてくる点が四季咲き木立品種と異なる点です。春以降、どれくらい枝が伸びれば次の開花が見られるか、という日数計算はできず、あくまで返り咲きは植物の気まぐれです。夏剪定も不要です。

このため、当園では『繰り返し咲き』品種も「つる性ばら」として扱っています。

品種によっては四季咲き品種に匹敵するほどの返り咲き性を持ち、このため枝の伸びは大変遅くなりコンパクトな樹形となる品種が多くなります。また、開花が多いことから一部の例外を除き、枝は固く自立しやすいので、なるべく背が高い構造物に植栽したいところです。

返り咲きが多いことから小枝が多くなりがちなので、冬には細い枝を切り整えます。開花が得られやすいので、開花位置を調整するために剪定位置を枝ごとに変える管理方法もあります。

詳しい性質は下記のコラムページをご覧ください。

つるばらの種類 – つる状に伸びるばらの性質と系統