取扱品種について

当園が扱っている品種の特徴

ばら苗

姫野ばら園のウェブサイトへお越しいただき誠にありがとうございます。

当園が取り扱っております品種は、バラの自生種である「原種」とその交雑種である「原種系交雑種」、一般的に「オールド・ローズ」と呼ばれている古いつる性バラ、修景用として様々な種類がある典型的なつる性バラ、そして現代バラの礎となってくれた古い時代の四季咲き木立性バラがメインとなっております。

バラにはその起源や特徴により「系統」という区分にて分けられております。当園では学術的に分類されているほぼすべての系統の品種を保有しております。

  • 原種・原種系交雑種 (Sp , HSpn , HRg , HFt , HEg など)
  • オールド・ローズ (G , A , D, C , M , Blst , P , B , HMsk , N , HP)
  • つるバラ (R , Cl , S , TCl , ClMin , HKor など)
  • 四季咲き木立性 (T , Ch , Pol , F , HT, Min , Gr)

各系統の簡単な解説は下記ページに記載しております。

ばらの大まかな分類と系統について

バラの歴史が辿れるような、文化としてのバラの保存

歴史的文化遺産としてのバラ

現在見られるバラたちも、最初からあのような形で自生していたわけではもちろんありません。人々が夢と情熱を持って「交配」という技術により作出された努力の結果なのです。バラの歴史は人の歴史でもあります。

そこで当園では、文化的遺産としてのバラの品種保存にも尽力して参りました。

原種・原種系交雑種から始まり、ガリカ・ローズやアルバ・ローズなど古代のオールド・ローズを利用して新しい品種たちをどんどん作出してきました。中国から庚申バラが導入されると四季咲き木立バラの時代が始まり、バラの世界は急激にその魅力を増していきます。

品種の交配により誕生したバラには、人々の夢が詰まっています。古いからといってそれらを蔑ろにしてしまうのはあまりにも勿体無い。特に、交配親として大活躍した品種は「マザーローズ」と言われ、幾多の優秀な性質を後世のバラに伝えた歴史的に重要な品種です。流石にこれらすべての品種を保有することはできないのですが、その時代を彩った品種や庭造りの素材として優れた品種を中心に、その魅力を伝えるべく品種の保存にも力を入れています。

これら古い時代のバラたちをメインに取り扱っているのが当園の品種の特徴です。
特にハイブリッド ティー種の古花、1960年代の品種は国内でも貴重なコレクションとなっております。なつかしいバラとの再会が叶いましたら、当方としても本当に嬉しく思います。

逆に、近年作出された品種や輸入苗のお取り扱いは、パテントや作業量などの関係上、現在は見合わせております。イングリッシュローズもお取り扱いがございません。何とぞ御了承下さい。

古い品種たちの特徴

古い品種の特徴

オールドローズは構造物への誘引・演出に最適

風景としてのバラ

古い品種たちは現在の丈夫な、よく返り咲くイングリッシュローズなどの品種たちとは異なり、オールド・ローズならば一季咲き(春のみの開花)の品種が多く、病気に弱い系統もございます。

しかし、オールド・ローズには豊かな香りを持つ品種が多く、何より枝や花が非常に繊細である特徴があります。がっしりとした枝ではなく、もっとしなやかで優雅な雰囲気があります。香りがあり花付きもよく、柔らかい枝は構造物に誘引しやすい。風になびいて揺れる枝先は風情があります。こういったつるバラはアーチやフェンス、壁面、ガゼボ、パーゴラ等どんな場所にも使える、庭園素材として最も優れた品種群であると言えます。

四季咲きの古花は花弁のやわらかさが魅力

古いハイブリッドティー種

同じく、四季咲き品種の古花も、最近の品種に比べると弁質や病気に弱いものが多くなってきます。

古い四季咲きバラの魅力は、花弁がシルクのようにやわらかく上品であることが挙げられます。例えるなら、羽衣のような天上の世界を思わせるようなつややかさです。これは弁質の弱さと同居してしまう性質なので、どうしても雨に弱くなってしまうのですが、一度でもその美しさを理解すると本当に愛おしく感じられます。

また、木立バラでも枝が細めの品種も多くあり、花の重さで首が垂れるものもがあります。やわらかな花型との相性が良く、風に揺れて泳ぐ姿が楽しめます。これら性質は最近の品種にはあまり見られなくなっているので、少し手間がかかるかと思いますがひとつお植えになってみてはいかがでしょうか。

当園の苗の特徴と販売時期

当園の苗の特徴と販売時期

販売時期ですが、正月を除いて通年苗を販売しております。

当園の苗の強みは剪定がされていないつるばらの長尺苗と、蕾付き・開花株の四季咲き木立ばらの大苗です。
(厳寒期除く。1月や2月でも販売はしておりますが、葉や蕾はなく剪定状態の苗にてお送りします。)

それぞれ他には見られない大きな株で即戦力となります。秋になれば長尺苗は1.5mほど、四季咲き品種も開花株にてお送りできます。詳細は下記のページをご参照下さい。

新苗は5月~7月辺りに発送しております。

取り扱い品種 一覧

姫野ばら園で取り扱っているばら苗一覧は、以下のPDFファイルに記載しました。
Adobe Reader(無料)などのPDFリーダーにて閲覧ください。

※親木として保有しているものも保有リストに入っていますが、販売可能かどうかは要相談となります。

Word

姫野ばら園 ばら苗取扱品種一覧
Adobe Reader ドキュメント [232 KB]
ダウンロード

以下のボタンをクリックすれば、インストールされているPDFリーダーが自動起動してファイルが開かれるか、またはWebブラウザ標準のPDFリーダーにてファイルが開かれます。

すぐ閲覧する

Adobe Readerによる閲覧・検索方法

PDFリーダーをお持ちでない方は Adobe Systems 社 が無料で提供する「Adobe Reader」をおすすめします。

ダウンロード(入手方法)

以下のリンクから最新版の「Adobe Reader」を入手・インストール(パソコンに導入すること)ができます。
リンク先に示されている通りの手順でインストール作業を進めてください。

Adobe Reader ダウンロードリンク

検索方法

上でダウンロードした「姫野ばら園 ばら苗取扱品種一覧」のPDF(bara.pdf)をダブルクリックすると、
Adobe Readerが起動して閲覧できるようになります。

キーボードから「ctrl」キーと「F」キーを同時に押すか、左上メニューの「編集」から「簡易検索」を選択していただくと、右上に検索窓が表示されます。そこへ検索したい品種名を入れてください。フルネームで見つからない場合は、名前の一部のみで検索すると見つかる場合があります。

どうしても見つからない場合は、申し訳ありませんが「取扱無し品種」である可能性があります。
その場合は当園までお問い合わせください。

簡易検索 検索

検索フォームの使い方

バラの種類と系統

数量限定!おすすめ特大苗のご紹介

秋~冬限定!実付き株のご紹介

絞り込み検索

肥料・培養土

庭造り素材

コラム

用語集

ブログ

書籍

書籍

ページ上部へ戻る