バラを管理する上で、頻出する単語・用語について解説します。

あかさたなはまやらわ

用語集 – カ行

返り咲き(かえりざき)

一番花が咲いた後、不規則に再度開花する性質。温度さえあれば必ず蕾を付け、剪定により開花調整が可能な「四季咲き」とは違い、「返り咲き」品種は返り咲く頻度や期間が品種によって大きく異なり二回目以降の開花は安定しなくなります。

「四季咲き木立品種」と「返り咲きつる品種」は開花や枝の伸び方などの性質が根本的に異なるため、当園では厳密に分けて表記しております。「返り咲き」と表記がある場合はすべて例外なく「つる性」として扱い、「四季咲き」と表記がある場合は完全四季咲き木立品種を指し、原則つるとしては扱いません。(例外的に小型つるバラとしても扱える四季咲き品種があります)

秋まで安定して返り咲きがあるつる性品種は「返り咲き」と区別して「繰り返し咲き」と表記しております。

カップ咲き(かっぷざき)

花の形状の一種。お椀のようにカップ状になって咲く咲き方のことです。

灌水(かんすい)

「潅水」と同義。水を与えること。特に植物に対して水を与える際に用いられます。

がんしゅ病

根頭がんしゅ病(こんとうがんしゅびょう)と同義。下記「根頭がんしゅ病」を参照。

寒肥(かんぴ)

バラや草木などが休眠期に入る冬の間に与える肥料です。気温が上がり、バラや草木などが活動を開始する前に行います。概ね平地では12~1月ころ、寒冷地では地面が凍る前に与えるか、氷が溶け始めた直後(2~3月ころ)に与えます。穴を堀り、根を少し切ることで植物の再生を図る目的もあります。

かつては油かすや骨粉、過リン酸石灰などが肥料の主流で、これらは分解が遅いため、芽出しの頃に効かせるには12月下旬頃の施肥が望ましいとされていました。これが「寒肥」という考え方が生まれた経緯ですが、最近は技術も進み、多くの肥料が開発され、効果も高くなってきたので必ずしも寒肥に拘る必要もなくなってきました。

3月の芽だしの頃から、緩効性の肥料と速効性の肥料とを組み合わせて与えても十分間に合います。

強剪定(きょうせんてい)

剪定の中で、最も強く深めに枝を切ること。ハイブリッド ティー ローズで多く見られる、枝が強く引き締まり、成長力が強い品種であれば強剪定に耐えることができます。この場合、程度によりますが、ベーサルシュートを地上より 40cm 程度にまで切り詰めても大丈夫でしょう。

反対に枝が充実しにくい品種では強剪定を無闇に施すと枝の栄養を失い枯死してしまいます。また、つる性品種の場合も、特別な理由がない場合は枝の整理(整枝)や枝先の軽い剪定に留め、強剪定はしません。

切り接ぎ苗(きりつぎなえ)

バラの増殖方法の1つ。増殖をしたい品種の枝(穂木)を、台木に接ぎ木することです。バラの増殖方法の中で最も生産効率がよいため、販売されている苗木のほとんどは切り接ぎ苗です。また、日本では台木として「のばら」を使用します。

切り接ぎをする際、台木と活着させるため接ぎ木テープを使用します。若い接ぎ木苗は接ぎ口から折れないよう接ぎ木テープが付いたままにとなっています。1年間は折れないようにするため付いたままで大丈夫ですが、2年目以降は株元を締め付ける原因となるため、必ず接ぎ木テープを外してください。

他の増殖方法としては「挿し木」「芽接ぎ」などがあります。

剣弁(けんべん)

花弁の両端が反り返ることで、まるで剣のように花弁が尖ったような形になったもの。剣弁となる咲き方を「剣弁咲き」といいます。「ロサ・ギガンティア」から受け継がれた形質と推測されています。

繰り返し咲き(くりかえしざき)

つる性品種の中で、秋まで安定した返り咲きがある品種に対して、当園では「繰り返し咲き」と表記しています。「四季咲き」と区別するための表記です。

黒星病(くろほしびょう)

「黒点病(こくてんびょう)」と同義。バラを栽培する際に最も注意しなくてはならない、バラの最大の天敵といえます。黒星病に犯された葉は表面に不規則な黒斑を生じ、時間が経つと黄変して落葉します。肉眼で確認できた時点で病気としては最終段階、完治はできないので葉ごと除去します。病原菌は土に潜むため、農薬散布以外の防除法として多発時のマルチングも効果的です。

若葉には症状が見られず、古い葉の「葉裏」から雨水等の跳ね返りによって感染します。表面の保護皮膜が薄れてくる古い葉では表からも感染してきます。降雨時、水を媒介して感染するので梅雨の時期から爆発的に広がっていきます。定期的な予防散布に加え、肥料切れを防ぎ、常に新芽を発生させられるような株づくりが重要となります。

高芯咲き(こうしんざき)

花の芯が横から見た時、盛り上がって見えるような咲き方。ハイブリッド ティー ローズの「オフェリア」が高芯剣弁咲きを初めて体現した品種と言われています。気品があり、コンテストでは特に好まれます。

黒点病(こくてんびょう)

「黒星病(くろほしびょう)」と同義。詳細は上記「黒星病」を参照。

根頭がんしゅ病(こんとうがんしゅびょう)

根や接ぎ口部分の表面にごつごつした大小のコブを生じる病気です。コブは始め白色ですが、次第に乾燥して黒褐色のコブになります。病原菌は「Agrobacterium tumefacience(アグロバクテリウム ツメファシエンス)」で、土壌中に長く生存しています。土壌内の伝染の他、感染した株に対して使用したハサミなどの道具に付着し、それら道具と接触した株へと伝染します。

根頭がんしゅ病自身には苗を枯死させるほどの力はありませんが、他より生育が劣るなどの症状がでます。コブが見られた場合、土壌に病原菌が潜んでいますので、株を抜き焼却処分をした後、土壌を新しいものへと交換します。また、汚染された株に対して使用したハサミや、土壌を掘り返す際に使用したスコップ等に菌が付着し、他の健全な株の切り口などから接触伝染するので、アルコール等を用いて道具類の消毒作業をします。

当園では予防としてバクテローズ[アグロバクテリウム ラジオバクター剤]を使用しています。

同系統の品種

Shopping Information

苗の価格について

当園では時期により扱う苗の生育状態は違いますが年間を通して苗木を発送しております。

  • 新苗 : 4 月下旬より 6 月ころまで。
  • 中苗 : 6月より 10 月ころまで。新苗育成中の苗。
  • 大苗(2 年生) : 10 月より 4 月まで。
  • 3 年生大苗以降 : 通年取り扱っております。

生育状態を反映させるため、苗の価格は時価とさせていただいております。正式な価格は発送時に決定致します。下記価格は参考価格となります。(税抜き)

詳細については「苗の価格・送料」をご参照ください。

参考価格

送料について

ヤマト運輸でお送りいたします。バラ苗木の重量や枝張りによって送料が変わる場合がございます。ご了承ください。

箱の大きさにより「宅配便サイズ」「ヤマト便サイズ」のいずれかでお送りしております。苗の生育状況によりますが、目安として「長尺苗2本~3本まで」「四季咲き木立品種の大苗4本ほどまで」でしたら宅急便サイズでお送り可能です。

長尺苗や本数が多くなった場合、箱のサイズが大きくなるためヤマト運輸宅配便ではお送りできず「ヤマト便」にて配送されます。

詳細については「苗の価格・送料」をご参照ください。

納期について

混雑状況によりますが、日時のご指定がない場合は基本的にお申込みより一週間前後でのお届けとなります。ただし、5月~6月ころ、10月~12月ころはご注文が多くなり混雑するためお届けまでに少し日数がかかります。

お問い合わせ

【姫野ばら園 八ヶ岳農場】
〒399-0101 長野県諏訪郡富士見町境 9700
電話番号:0266-61-8800 FAX番号:0266-61-8801
メールアドレス:rose@himenobaraen.jp

●専用のお問い合わせフォームがござます。

検索フォームの使い方

バラの種類と系統

数量限定!おすすめ特大苗のご紹介

絞り込み検索

肥料・培養土

庭造り素材

コラム

用語集

ブログ

書籍

書籍

ページ上部へ戻る