バラを管理する上で、頻出する単語・用語について解説します。

あかさたなはまやらわ

用語集 – ハ行

灰色かび病(はいいろかびびょう)

病原菌の名前が「ボトリチス菌」であることからボトリチス病とも呼ばれます。ほとんどの植物で発生し、バラでは花弁への感染が多く見られます。花弁に水滴が滲んだような褐色の斑点が現れ、病気が進行すると花が腐り、「開く前」に茶色くなって枯れてしまいます。 低温多湿を好むため、春先から梅雨時、また秋口でも発生します。また、花弁が柔らかく、重ねが多い品種ほどかかりやすい病気です。

薬剤による予防や、風通しを良くするなどの対処法が有効です。

パテント

特許のことです。バラにも作出者、作出した品種を保護するためにパテントが付けられます。種苗法という法律により保護されています。何度か改定されているため、品種の作出年によって保護期間が少し異なりますが18年~30年間保護されます。パテントが付いた品種は勝手な増殖や販売は禁止されます。違反した場合、罰金が課されます。当園ではパテントが切れた古い品種をメインに取り扱っております。パテントがある品種に関しましては、ロイヤリティー表示をしております。

ピンチ

摘蕾(てきらい)・摘芯(てきしん)のこと。詳細は「摘蕾」の項にて。

覆輪(ふくりん)

花びらの縁に沿って違う色が入るものをいいます。覆輪がさらに細く糸状に見える場合は「糸覆輪(いとふくりん)」と呼ばれます。(糸覆輪の例:バロン ジロード ラン)

懐枝(ふところえだ)

株元付近に生え、株の内側に向かって伸びてきた枝のこと。あまりにも混みあい風通しが悪くなる要因になるようならば除去する場合もあります。

ブラインド

特に四季咲き品種において、開花が期待される枝でありながら蕾がつかず枝ばかりが伸びること、またはそのような枝のこと。このブラインドが発生した場合は、花を付けるだけの体力・肥料・日照が足りていないことが多いです。これらを改善させ、摘芯や軽い剪定をさせて新しい枝を発生させると蕾を付けます。

一季咲きのつるバラにおいてブラインドが発生した場合は、次年度の開花を待つことになります。

ベーサル シュート

株元から発生する新しい枝のこと。太く勢いがある枝であればベーサル シュートと判断します。今年や来年の開花が見込める大切な枝なので大切に保護します。

穂木(ほぎ)

接ぎ木や挿し木に利用される、増殖したい品種の枝のこと。台木に接ぎ木すると切り接ぎ苗として増殖できます。

ボトリチス病

「灰色かび病」と同義。「灰色かび病」の項を参照。

同系統の品種

Shopping Information

苗の価格について

当園では時期により扱う苗の生育状態は違いますが年間を通して苗木を発送しております。

  • 新苗 : 4 月下旬より 6 月ころまで。
  • 中苗 : 6月より 10 月ころまで。新苗育成中の苗。
  • 大苗(2 年生) : 10 月より 4 月まで。
  • 3 年生大苗以降 : 通年取り扱っております。

生育状態を反映させるため、苗の価格は時価とさせていただいております。正式な価格は発送時に決定致します。下記価格は参考価格となります。(税抜き)

詳細については「苗の価格・送料」をご参照ください。

参考価格

送料について

ヤマト運輸でお送りいたします。バラ苗木の重量や枝張りによって送料が変わる場合がございます。ご了承ください。

箱の大きさにより「宅配便サイズ」「ヤマト便サイズ」のいずれかでお送りしております。苗の生育状況によりますが、目安として「長尺苗2本~3本まで」「四季咲き木立品種の大苗4本ほどまで」でしたら宅急便サイズでお送り可能です。

長尺苗や本数が多くなった場合、箱のサイズが大きくなるためヤマト運輸宅配便ではお送りできず「ヤマト便」にて配送されます。

詳細については「苗の価格・送料」をご参照ください。

納期について

混雑状況によりますが、日時のご指定がない場合は基本的にお申込みより一週間前後でのお届けとなります。ただし、5月~6月ころ、10月~12月ころはご注文が多くなり混雑するためお届けまでに少し日数がかかります。

お問い合わせ

【姫野ばら園 八ヶ岳農場】
〒399-0101 長野県諏訪郡富士見町境 9700
電話番号:0266-61-8800 FAX番号:0266-61-8801
メールアドレス:rose@himenobaraen.jp

●専用のお問い合わせフォームがござます。

検索フォームの使い方

バラの種類と系統

数量限定!おすすめ特大苗のご紹介

絞り込み検索

肥料・培養土

庭造り素材

コラム

用語集

ブログ

書籍

書籍

ページ上部へ戻る