台芽かき

「確かに最初は○○○の花が咲いていたのに、勢いの良いシュートを大切に伸ばしていたら、いつのまにか白い小さな花ばかりが咲くようになってしまった・・・」

上記のようなお問い合わせを時々頂きます。

国内のばら苗はたいてい野ばら台木に接ぎ木して生産されるため、接ぎ木した本来の品種ではなく
もとの野ばらの芽がシュートとして伸びてきてしまうことがあるのです。

このシュートを放置しますと勢いが良いため接ぎ木した品種の方が負けて、やがてはすべて野ばらに戻ってしまいます。

台芽
▲クリックで拡大。

赤で囲ったシュートはすべて台芽(野ばら)です。

真ん中にある本来の品種(真ん中のつぼみがついた芽)と枝の伸び方、葉色、形など異なることが分かります。

辛うじて本来の品種が残っていますが、このままでは台芽の勢いに負けて枯れこんでしまう可能性があります。

そこで、「台芽かき」という作業が必要になってきます。

接ぎ木した品種のシュートは大切にしなければいけませんので、ここでは台芽との見分け方を解説致します。
台芽の特徴は以下の通りです。

  • シュートの発生位置が接ぎ口より下の方であること。
  • 枝にトゲがないこと(たまにトゲありの場合もあります。)
  • 葉は小型で浅めの緑、光沢がない

▲クリックで拡大。

○シュートの発生位置が接ぎ口より下

上のトゲがある芽が接ぎ木した品種です。
それよりも下の方から芽がでてきていますが、これが実際に植わっている台木の芽(野ばらの芽)です。

これをシュートとして伸ばすと本来の品種が負けてしまいます。


▲クリックで拡大。

○枝にトゲがないこと

○葉は小型で浅めの緑、光沢がない

当園ではトゲなし野ばらを採用しておりますので、当園の株から出た台芽はトゲがありません。

また、葉は浅い緑色で細長く、光沢がありません。

台芽と判断できたら出きるだけ早めに、付け根から切り取るようにして下さい。

本来は台芽発生を避けるため、接ぎ木は出来るだけ深い(根の方に近い)部分で接ぐのですが、首の浅い台木であったり、また根元からも台芽が発生することがあるので常に注意は必要かと思います。

購入した本来の品種の葉と明らかに異なる葉の枝が伸びてくれば台芽であると判断できますので、購入品種の葉の形状、質感の見極めが重要な判断ポイントとなります。

代表 – 姫野 由紀 著

同系統の品種

Shopping Information

苗の価格について

当園では時期により扱う苗の生育状態は違いますが年間を通して苗木を発送しております。

  • 新苗 : 4 月下旬より 6 月ころまで。
  • 中苗 : 6月より 10 月ころまで。新苗育成中の苗。
  • 大苗(2 年生) : 10 月より 4 月まで。
  • 3 年生大苗以降 : 通年取り扱っております。

生育状態を反映させるため、苗の価格は時価とさせていただいております。正式な価格は発送時に決定致します。下記価格は参考価格となります。(税抜き)

詳細については「苗の価格・送料」をご参照ください。

参考価格

送料について

ヤマト運輸でお送りいたします。バラ苗木の重量や枝張りによって送料が変わる場合がございます。ご了承ください。

箱の大きさにより「宅配便サイズ」「ヤマト便サイズ」のいずれかでお送りしております。苗の生育状況によりますが、目安として「長尺苗2本~3本まで」「四季咲き木立品種の大苗4本ほどまで」でしたら宅急便サイズでお送り可能です。

長尺苗や本数が多くなった場合、箱のサイズが大きくなるためヤマト運輸宅配便ではお送りできず「ヤマト便」にて配送されます。

詳細については「苗の価格・送料」をご参照ください。

納期について

混雑状況によりますが、日時のご指定がない場合は基本的にお申込みより一週間前後でのお届けとなります。ただし、5月~6月ころ、10月~12月ころはご注文が多くなり混雑するためお届けまでに少し日数がかかります。

お問い合わせ

【姫野ばら園 八ヶ岳農場】
〒399-0101 長野県諏訪郡富士見町境 9700
電話番号:0266-61-8800 FAX番号:0266-61-8801
メールアドレス:rose@himenobaraen.jp

●専用のお問い合わせフォームがござます。

検索フォームの使い方

バラの種類と系統

絞り込み検索

肥料・培養土

庭造り素材

コラム

用語集

ブログ

書籍

書籍

ページ上部へ戻る