新苗が仕上がってきております! – 花のご紹介

当方寒冷地のため新苗の仕上がりは平地より遅めですが、当園でも新苗ができあがってきました。

四季咲き品種は開花もしてきておりますので、一部ご紹介いたします。

オクラホマ

オクラホマ – Oklahoma

ハイブリッドティー「オクラホマ」です。同じ交配親を持つ「ミスター・リンカーン」「パパ・メイヤン」と一緒に黒赤バラ三兄弟に数えられている品種です。親の「シャルル・マルラン」より受け継いだ濃厚なダマスク香が魅力、花付きも良く黒赤バラを代表する品種の1つです。

スイート アフトン

スイート アフトン – Sweet Afton

同じくハイブリッドティー「スイート・アフトン」です。大らかに咲く大輪花、中心は淡いピンクがかかり、水仙のような独特の甘い香りが特徴的です。花付きよく、また樹勢が非常に強い品種で、人の背丈ほどにまで伸びる大型のハイブリッドティーです。花壇後方に植栽されると効果的です。

ロサ キネンシス ミニマ

ロサ キネンシス ミニマ – Rosa chinensis minima

ミニチュアローズの基本種「ロサ・キネンシス・ミニマ」です。庚申バラ(ロサ・キネンシス)の変異で生じた品種と考えられ、ミニチュアローズの親となりました。庚申バラらしくミニチュアの中で最も早咲きの品種の1つ、小さい葉や花が丸くこんもりと咲いてくれる姿が愛らしく、花壇用品種としても大変優秀な品種です。

グルス アン アーヘン

グルス アン アーヘン – Gruss an Aachen

フロリバンダ「グルス・アン・アーヘン」です。豪華な芍薬咲き、ステムも程よく、クリーム色にわずかにピンクがかかる花が房になってたくさん咲いてくれます。株姿のまとまりもよく、花壇用品種として最も扱いやすい形質を持ったフロリバンダローズの名品種です。写真はハウスの中なので少し剣弁になっています。

「ポリアンサローズ」は遅咲きなので開花はもう少し後、「ティーローズ」「チャイナローズ」は接ぎ木時期の関係でこちらも開花はもう少し後です。開花しましたらまたお知らせします。