早咲きの品種が開花し始めました!

長らく更新がなく申し訳ございません。

2017年春のカタログを発行させていただきました。オールドローズの掲載品種数は少し減らしましたが、当園がおすすめする使いやすい品種をピックアップし、その分解説文は多く書き下ろしました。四季咲き品種に関しましては図鑑としても使えるよう編集いたしました。

現在の在庫の多くは新苗になりますが、気になる品種がありましたらお気軽にお問い合わせください。

ハウス内の早咲きの品種が開花し始めました

当方は寒冷地のため、屋外の苗はまだ芽吹き始めたばかりですが、ハウス内では早咲きの品種たちが一部開花し始めました。

キモッコウバラ八重咲き

黄木香ばら 八重 – Rosa banksiae lutea

早咲きの原種といえば、お馴染みの「木香ばら」です。黄色と白がありますが、黄色の方が開花が早いようです。病害虫に強く、トゲも少ないですが、旺盛に茂る品種なので広い場所を確保してダイナミックに仕立ててあげたい品種です。

フリューリングス モルゲン

フリューリングス モルゲン – Fruhlingsmorgen

スピノシシマ系交雑種の「フリューリングス モルゲン」です。一重咲きながら大きく華やかな花が魅力です。早咲きのモッコウと同じ時期に開花し、ステムが短く、枝に沿って開花します。スピノシシマ系なのでトゲが多く、また本品種は枝が固めでよく伸びるので、壁面などへ誘引して楽しみたい品種です。

ロサ スピノシシマ

ロサ スピノシシマ – Rosa spinosissima

こちらが原種の「ロサ スピノシシマ」です。ロサ ピンピネフォリアとも呼びます。早咲きの原種で、トゲが多く、細い枝は特徴的な黒褐色で花付きがよい品種です。実付きもよく、赤みを帯びた黒い実はこの系統独自のものです。フリューリングス モルゲンのように急には大きくならないので、自然樹形で野生の趣を楽しみたい品種です。

ロサ フェティダ

ロサ フェティダ – Rosa foetida

黄色の色素を伝えた「ロサ フェティダ」です。黄色のフェティダ系も早咲きです。ステムがかなり短く、枝に沿うように開花し、赤みのない葉が黄色の花をより引き立てています。純黄色の原種というだけでも珍しいものですが、黄色でここまで大きな花を咲かせるものは特に貴重で、本品種の八重咲き種「ペルシャン イエロー」が黄色の四季咲き種を生み出すべく親品種として選ばれたのも納得です。黒星病や湿気には注意が必要ですが、その欠点をも補って余りある独特な美しさです。

サラ バン フリート

サラ バン フリート – Sarah Van Fleet

ルゴサ系交雑種の「サラ バン フリート」です。写真は少し開いてしまいましたが、本来はカップ状の花です。ハマナスの仲間なので非常にトゲが多く、自立型ですがよく伸びるため、決して扱いやすい品種というわけではないのですが、こちらも早咲きでダマスクの香りがあり、返り咲き性もあります。丸くて明るい緑の厚い葉も印象的です。

木香ばらの他には「スピノシシマ系」「フェティダ系」「ルゴサ系」、それと「ブールソール系」が特別早咲きの系統群です。ゴージャスなモダンローズはもう少し後の開花になりますが、春のお庭をいち早く彩ってくれ、かつ素朴なこれら品種もバラの1つの魅力です。