月別アーカイブ: 2015年2月

ランブラー屈指の花付きとはらはらと散る姿は桜のよう – 「ポールズ ヒマラヤン ムスク ランブラー」

ポールズ ヒマラヤン ムスク ランブラー

本日ご紹介する品種は、ランブラーローズの代表格の1つ「ポールズ ヒマラヤン ムスク ランブラー」です。

○品種解説ページ: ポールズ ヒマラヤン ムスク ランブラー – Paul’s Himalayan Musk Rambler

ランブラーローズを代表する品種の1つで昔から愛されてきた名花です。

起源となった原種は「Rosa brunonii(ロサ・ブルノニー)」です。ハイブリッド・ムスク・ローズの起源の1つとなっていると考えられている「ロサ・モスカータ」と関連が深い品種のようで、別名として「Rosa moschata nepalensis(ロサ・モスカータ・ネパレンシス)」という名前もあります。

ロサ・ブルノニーは「ミャンマー」「中国西南部」が原産地で、「ヒマラヤン・ムスク・ローズ」という名前も持っています。

この原種が起源となって、1916年にイギリスの「George Paul」が作出したのが「ポールズ ヒマラヤン ムスク ランブラー」です。そのまま、Paul氏のヒマラヤン・ムスク・ローズという意味かと思われます。「ポールズ ヒマラヤン ムスク」と最後のランブラーの記述がない販売店も多いですが、略称であり指しているのは同じ品種です。

ポールズ ヒマラヤン ムスク ランブラー

「ポールズ ヒマラヤン ムスク ランブラー」は非常に旺盛な樹勢を持ち、斜め横にサイドシュートをたくさん出して急激に成長します。透き通るような淡いピンクから白に移ろう花、花付きはランブラーローズの中でも屈指の多さで、満開時は見事な景観を創りだしてくれます。透き通るような色調と桜のようにひらひらと散る姿は日本人の心に響くもの多く、一見の価値があります。

一季咲きで少し遅咲き、爽やかな芳香が少しだけあります。耐寒性も強い方です。

風景を作り出す能力には大変優れた品種ですが、欠点としてトゲが多くサイドシュートを多く出しますので誘引作業には大変苦労すること、黒星病への耐性が弱いことなどがあげられるでしょうか。広い場所への植栽がもちろん望ましく、枝はしなやかで曲げやすいので、ケガをしないよう厚手の手袋を用意して誘引に挑みたいものです。

この品種への評価は賛否両論あるでしょうか。桜好きな日本人には少し見慣れすぎた感じがあるのかもしれません。花持ちもあまり良くはなく、そんなところも桜の花に似ています。もう少し葉の質が強ければ、さらに良かったのかなと思うこともあります。でもばら農場を運営する身としては、この品種が咲かない春をイメージすることができません。どのような誘引をしても花付きが衰えることはないので、満開時の姿を思い浮かべながら枝を割り振ってみてください。そうすれば必ず「ポールズ ヒマラヤン ムスク ランブラー」はその努力を評価してくれるでしょう。

名花クリムソングローリーの枝変わりつる性種 – 「つる クリムソン グローリー」

つる クリムソン グローリー

本日ご紹介する品種は、HT種の名花のつる性枝変わり「つる クリムソン グローリー」です。

○品種解説ページ: つる クリムソン グローリー – Crimson Glory (Cl)

ハイブリットティー種の中で、ビロード調の深紅色を初めて体現した歴史的名花「クリムソン グローリー」、その枝変わり種が「つる クリムソン グローリー」です。Jackson & Perkinsによって1946年に発表されました。

ばらは元々「つる性」の遺伝子が優勢で「四季咲き」という遺伝子が劣勢と言われています。そのため、何かの拍子で四季咲き品種がつる化することがあります。つる性化したものは四季咲き時の花と葉の特徴をそのまま残しています。

「つる クリムソン グローリー」も同様、四季咲き時の花の魅力がそのまま残っていますが、樹勢が強くなったせいでしょうか、四季咲き種より退色しにくく、弁質も良いように思われます。ビロード調の深紅色の花からは濃厚なモダンダマスクの香りが漂い、満開時の芳香は周囲を圧倒します。つる性としての品種固定はうまくされたようで、四季咲きに戻ることはほとんどありません。

花は10㎝以上ある大輪花、その割には花付きは良く返り咲きもあります。伸長力は非常に旺盛で、四季咲き性種が栽培されなくなってからも長く愛培されています。

トゲは多め、枝も固くなるので植栽場所は壁面など広い場所に限られます。枝数は増えやすい方なので、伸びることを前提に植栽場所を決め、誘引してみるとよいでしょう。大輪花なので冬の剪定は少し深めに、またこの品種に限りませんが細い脇枝は母枝から2~3芽のところで切りそろえますと、不要なモシャモシャ感もなくすっきりと美しい姿で春の開花を楽しめます。

ちなみに四季咲き性品種の方は生育が緩慢ではあるものの花つきが大変良く、時間をかければ低めにまとまる、良い株立ちの樹に成長します。花首がうつむく姿は作出当時こそ欠点とされましたが、今見るとかえって雅やかな趣で、草花とも調和しやすいように思われます。
赤ばら史上忘れることのできないこの名花を今一度、楽しんでみるのもいかがかと思われます。

綺麗に整った花形と花付きが魅力の大型ティーローズ – 「ホワイト ママン コシェ」

ホワイト ママン コシェ - White Maman Cochet

本日ご紹介する品種は、大型のティーローズ「ホワイト ママン コシェ」です。

○品種解説ページ: ホワイト ママン コシェ – White Maman Cochet

1892年、フランスの「Scipion Cochet」が作出した淡いピンク色の「ママン コシェ」、それの枝変わりが「ホワイト ママン コシェ」です。オーストラリアの「A. Marshall」が発見しました。「Maman Cochet blanche」「White Cochet」などの別名があります。

細枝で小型にまとまりやすいティーローズの中では非常に大型になる品種です。「ママン コシェ」の交配は「マリー バンホーテ × マダム ロンパール」(どちらも取り扱いあり)で、双方とも大きな樹になる品種なので「ホワイト ママン コシェ」が大きくなるのも納得です。

弁端にうすいピンクがかかる、大変よく整ったクリーム白の花が、重みで垂れながらたくさん咲く姿は誰がみても心を奪われる素晴らしいものです。枝は赤味があり、甘いティー香りがあるのはやはりティーローズです。樹形は「半横張り」です。

ハイブリッドティーほどではありませんが、成長してくると比較的早く枝が太くなりがっしりしてきます。半横張りの樹形も相まってかなり大きな株になると思います。ティーローズのため病気等には注意が必要ですが、樹勢も良い方で花付きは良好、育てやすい部類に入るため気軽にティーローズの趣を楽しみたい場合に大変お勧めです。

こんな姿でもバラ!和風のお庭に溶け込む極小輪花の原種バラ – 「しょうのすけばら」

しょうのすけばら – Rosa multiflora watsoniana

本日ご紹介する品種は、野ばらの変種と言われている「しょうのすけばら」です。

○品種解説ページ: しょうのすけばら – Rosa multiflora watsoniana

「これがバラなの?」と思われる方も多いでしょうが、この品種もれっきとしたバラ科です。

日本の野ばら「ロサ・ムルティフローラ」の変種と言われています。学名は「Rosa multiflora watsoniana(ロサ・ムルティフローラ・ワトソニア)」、別名は「キンシイバラ(錦糸茨/金絲薔薇)」。漢字で書くとそのまま「庄之助薔薇」となるそうです。

野ばらの変種なので一季咲。最大の特徴は世界で最も小さな花の原種と言われている極小輪の白一重の花です。花径は1㎝にも満たず、房になっているにも関わらずうっかり開花を見落としてしまうこともあるほど。実は付けません。

また、白い絣の入る柳のような葉を持っているのも特徴です。竹の葉のように見えるからか、「バンブー・ローズ」という別名もあります。枝は野ばらより細めですが、伸長力はそこそこあり、3mほどまで伸びます。トゲは少なめですがあります。

バラのイメージである「豪華で可憐な植物」とは正反対の品種ですが、逆を言えば「主張させず庭に溶けこむような」使い方をしてあげれば植栽効果は抜群です。「柳」や「松」などと一緒に植栽しても違和感はなく、日本庭園にある繊細でありながら調和のとれた、趣きある「和」のイメージにぴったりな品種かと思います。他の草花と合わせてみるのもよいでしょう。

葉や花の小ささとは裏腹によく茂り、かつ病害虫への耐性も強いため農薬散布等も基本しなくて大丈夫です。気候変動にも適応力があり、見た目の繊細さとは逆に非常に丈夫な品種です。

「しょうのすけばら」を”花”としてだけ見るとつまらないバラと見られてしまうかもしれませんが、そこは日本産のバラ、独特の葉はやはり日本の庭園にはよくマッチします。上手に使いこなして庭園の表現の幅を広げてみてはいかがでしょうか。

強健で寒冷地でも丈夫に育つ花付きが良いモスローズ – 「アンリ マルタン」

アンリ マルタン

本日ご紹介する品種は、耐寒性に大変優れたモスローズ「アンリ マルタン」です。

○品種解説ページ: アンリ マルタン – Henri Martin

「アンリ マルタン」という名前はフランス語読みで、英語では「ヘンリー マーチン」と読みます。当園の過去のカタログでは英語での読み方でご紹介していますが、作出者への敬意を表すためフランス語の読み方へ変更させていただきました。どちらの表記でも同じ品種を指しています。

モスローズの1つになるので、系統の特徴である細かい繊毛がつぼみや枝を覆っています。他系統にはない、モスローズだけがもつ風格です。蕾にある繊毛は分泌液を出すので、触ると少し粘着きます。

モスローズの大元は「ロサ ケンティフォリア」とされていますが、その後ダマスクローズや中国のキネンシスの血も入り始め、人がバラの交配を本格的に試行錯誤し始めてきたため、花色や樹形、返り咲き等に変化がでています。

では「アンリ マルタン」はどうかと言うと、「一季咲き」で樹形はケンティフォリア系に似ているので、つるとしての性質が強くでています。花付きが大変良く、株が充実してくれば株いっぱいに花を付けてくれます。ダマスク系の香りがあります。あでやかな色彩がほしいときにおすすめの品種です。

そして何より、耐寒性に大変優れていて成育の良さが際立ってくれています。枝はしなやかな方ですが、力強く伸びてきて冬の寒さにもしっかり耐えてくれます。当園の環境でも枝先の細い部分で枯れ込みがある程度で長いまま春を迎えることが多いです。仮に枝が枯れてしまっても、古いオールドローズは株元からシュートがでやすいので株姿を整えるのは容易です。

キネンシスの血が入ると返り咲きを得る代わりにどうしても病気の耐性が無くなってしまうのですが、「アンリ マルタン」はまだその影響を強く受けていないようで、病害虫への耐性もそこそこあるようです。全体として非常に育てやすく寒冷地でもおすすめの品種です。