希少な品種」カテゴリーアーカイブ

初期HTながらバランスのとれた白花 – 「マダム ジュール ブーシェ」

マダム ジュール ブーシェ - Mme.Jules Bouché

久しぶりの投稿となります。ブログが放置状態となり申し訳ございません。

梅雨の時期になり、業務も少し落ち着いてきました。
これからは秋に向けて苗の育成に入りますが、ご注文は常にお受けしております。気になる品種などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

こちらのブログでは品種のご紹介を再開いたします。

今回ご紹介する品種は白のハイブリッドティー「マダム ジュール ブーシェ」です。

マダム ジュール ブーシェ – Mme.Jules Bouché

作出年は「1910年」と古い品種ながらも洗練された白の名花です。

交配は「Pharisäer × 実生」。「Pharisäer」 は 「Mrs. W.J. Grant」の実生品種で、さらに親品種を辿ると「La France(ラ・フランス)」にたどり着きます。ラ・フランスがいかに歴史的な品種であったかがわかります。

蕾の状態では赤みがありますが、開花して咲き進むに従って白くなっていきます。株立がよく、半直立上にきれいにまとまってくれます。新しい枝は赤みがありますが、少し黒味がある特徴的な枝で、それとは対照的に濃緑色の明るい葉があり、白い花をより一層引き立ててくれます。トゲはありますが、他の品種と比べると少ないほうかと思います。

香りはさわやなかティー香があります。花付きが大変よい点も評価ポイントです。

ハイブリッドティー初期の品種ながらも端正な花型と、清楚な白の花が魅力の品種です。株立の良さを含むバランスの良さは現代バラにも負けず劣らずの優秀な品種で、1910年作出とは思えない完成度の高さです。初期ハイブリッドティーの特徴である繊細な花弁は、しっかりした厚い弁では表現できない趣を持っています。花壇用品種として、白のハイブリッドティー「ホワイト クリスマス」などと一緒にオススメしたい品種です。

花付き香り共に良い、貴重な初期HTの赤バラ – 「ハドレー」

ハドレー – Hadley

関東地方では春一番が吹いたようですね。
これからどんどん暖かくなってくれると嬉しいです。

さて、今回は「ハドレー」という品種をご紹介いたします。

ハドレー – Hadley

作出年は「1914年」、アメリカの「Alexander Montgomery」という人が発表しています。

非常に古いハイブリットティーローズですが、それもそのはず、「ハドレー」はハイブリットティーローズ初の赤バラと言われている「リバティ」という品種の子供だからです。「ハドレー」はバラの歴史上重要な品種の1つで、現在はとても希少な品種となっています。

「ハドレー」はのちに「エトワール ド オーランド」を生み出し、さらに戦前を代表する赤バラ「クリストファー ストーン」を誕生させます。赤バラの遺伝子は脈々と受け継がれています。

「ハドレー」についてですが、実際はローズ色を含む赤色の花です。古いハイブリットティーローズのため、細枝性で枝の分岐も比較的多く、よく茂るのが特徴です。また、花付きが大変良く房咲きになり、ハイブリットティーの中では比較的小ぶりな花を沢山かせます。香りは濃厚なフルーツ香があります。

イメージとしては、ハイブリットティーよりも大型のチャイナローズの趣があります。
細い枝が風に揺れながら、甘い豊かな香りを運んできてくれます。

古い品種なので、どうしても黒星病、特にうどん粉病に対しての耐性がなく薬剤での予防は不可欠なのですが、現代バラの礎となってくれた貴重な品種です。がっしりとした樹ではなくあくまで繊細な枝ぶりも情緒ある姿かと思います。

株立ちもよくまとまってくれるので、1つ歴史的な花を入れてみたいという方はおすすめの品種です。

新しく品種が加わりました!新苗予約受け付け中です。

本年、新たな「古花」が仲間に加わりました。

当園では古い品種の保存にも力をいれておりますので、新しく入荷したといっても古い品種です。いずれの品種も、今となっては入手が難しくなってしまいましたが、バラの歴史を彩ってきた貴重な品種たちです。シルクのような薄く可憐な花弁、細く繊細な枝ぶりは古い品種ならではの特徴です。作出された時代の情景も思い描かれます。ブランド品種が最盛期である昨今、またこういった個性あふれる品種達にも目を向けていただければ幸いです。

現在、来年の春「新苗」のご予約を受付中です。
詳細は下記ページをご参照ください。

今年新しく加わった品種のご紹介!新苗予約受け付け中

新品種

複色花のご紹介 – 「レベッカ」「フォーティーナイナー」

秋も深まりましたがまだ気温が高いせいか、当方でもまだかろうじて開花が楽しめる状態になっております。

今回はバイカラー咲のハイブリッドティ・ローズから「レベッカ」と「フォーティーナイナー」の2品種をご紹介させていただきます。複色、覆輪系品種の晩秋の花は本当に美しくて、いつまでも眺めていたくなります。

レベッカ – Rebecca

レベッカ

1970年ドイツのタンタウ氏によって作出された、当園では新しめの品種です。

表弁がローズ赤、裏弁がクリーム黄色いうバイカラー咲きで個性的な色調に加えてふっくらとボリューム感ある花形も魅力です。樹勢も強健で半横張り気味にしっかりと茂り、花付きもよい。マットな深い緑の葉との調和も美しい品種です。願わくばもう少し香りが強ければと思いますが、色調や花形だけでも十分に楽しめる品種です。

レベッカ – Rebecca

フォーティー ナイナー – Forty-niner

フォーティーナイナー

1949年、アメリカを代表する育種家、スイム氏により作出されました。カリフォルニア州で起こったゴールドラッシュ(1849年)より100周年を記念して名付けられたばらです。

八重咲きチューリップを思わせるようなふんわりとした花形と、深みのあるローズ赤、そして裏弁クリーム黄色の対比があざやかです。枝は細めで半直立にすらりとした印象の茂りで、ほのかなティ香があります。スイム氏の作品はアメリカらしい大らかさに満ちながらもどこか繊細で非常に洗練されており、私自身大好きな品種がいつくも存在しています。

フォーティー ナイナー – Forty-niner

色調変化と星咲きの花形が魅力 – 「リュータン」

リュータン - Lutin

今年は暖冬の予想がでています。そのせいか、11月でも暖かい日が続いています。
それでも急に寒くなることはありますので、体調に気をつけたいところです。

本日ご紹介する品種はミニチュア・ローズ「リュータン」です。

リュータン – Lutin

「スカーレット ジェム(Scarlet Gem )」の枝変わりが本品種です。
ミニチュア・ローズらしく枝葉は小さくコンパクトによくまとまります。花名は「悪戯っ子」という意味を持っています。樹高は0.4mほどで花付きは大変よく、春から秋まで常に開花している姿を見ることができます。当園でもこの時期にちゃんと開花しています。ただ、多くのミニチュア・ローズに言えることですが、花が小さいので香りは少ないです。

スカーレット ジェムは赤一色の花です。しかし、枝変わりである「リュータン」は濃いサーモンピンクから淡い花へと褪色することが特徴です。褪色といっても、くしゃくしゃになりながら褪色するわけではありません。綺麗に形を保ったまま色が淡くなります。濃いピンク色の花が淡いピンク色の花へと色調変化し、株全体でグラデーションが生まれます。

この点において、スカーレット ジェムより優れた演出能力を持っていると思います。花弁は細くて尖る星咲きで、綺麗に褪色するとまるで夜の星の様子を見ているかのような株姿となります。全系統中最も強い四季咲き性を持った系統がミニチュア・ローズなので、春に一度開花すればどんどんと蕾を付け、花持ちの良さも相まって常に開花している姿を見ることができます。

現在では希少な品種となってしまいましたが、有名なミニチュア「シンデレラ」に負けず劣らずの優れた性質を持った品種です。鉢苗栽培でも全く問題は無いので、ぜひ一度見ていただきたい品種です。

※1985年にメイアン社より同名のシュラブローズが発表されておりますが、別品種なのでご注意ください。

綺麗に整った花形と花付きが魅力の大型ティーローズ – 「ホワイト ママン コシェ」

ホワイト ママン コシェ - White Maman Cochet

本日ご紹介する品種は、大型のティーローズ「ホワイト ママン コシェ」です。

○品種解説ページ: ホワイト ママン コシェ – White Maman Cochet

1892年、フランスの「Scipion Cochet」が作出した淡いピンク色の「ママン コシェ」、それの枝変わりが「ホワイト ママン コシェ」です。オーストラリアの「A. Marshall」が発見しました。「Maman Cochet blanche」「White Cochet」などの別名があります。

細枝で小型にまとまりやすいティーローズの中では非常に大型になる品種です。「ママン コシェ」の交配は「マリー バンホーテ × マダム ロンパール」(どちらも取り扱いあり)で、双方とも大きな樹になる品種なので「ホワイト ママン コシェ」が大きくなるのも納得です。

弁端にうすいピンクがかかる、大変よく整ったクリーム白の花が、重みで垂れながらたくさん咲く姿は誰がみても心を奪われる素晴らしいものです。枝は赤味があり、甘いティー香りがあるのはやはりティーローズです。樹形は「半横張り」です。

ハイブリッドティーほどではありませんが、成長してくると比較的早く枝が太くなりがっしりしてきます。半横張りの樹形も相まってかなり大きな株になると思います。ティーローズのため病気等には注意が必要ですが、樹勢も良い方で花付きは良好、育てやすい部類に入るため気軽にティーローズの趣を楽しみたい場合に大変お勧めです。

耐病性と耐寒性の高さも魅力の丈夫なフロリバンダ – 「ダグマ シュペート」

ダグマ シュペート – Dagmar Spath

本日ご紹介する品種は丈夫なフロリバンダローズ「ダグマ シュペート」です。
非常に丈夫で育てやすい品種ですが、いまいち知名度がないようです。

○品種解説ページ: ダグマ シュペート – Dagmar Spath

白地に淡くピンクのボカシが入る優雅な色調、そして多すぎない花弁がアイスバーグやサマースノーのようにシンプルな美しさにあふれています。Lafayette(ラファイエット)という品種の枝変わりで、元はピンク色の花です。なので、このダグマシュペードの別名として「Blanc Lafayette」という名前もあります。花を見ると、まれに濃いピンク色の絞りのようなものがでるのは、親のLafayetteに一部戻っているからかと思われます。ただ、品種の固定自体はしっかりしているようで、株全体が先祖返りすることはないようです。

花付きは大変良く、株いっぱいに花を咲かせる姿は美しいものです。フロリバンダローズの中では大型の部類に入り、樹高は80㎝ほど、枝は横張り気味に伸びますので全体としてはかなり大きな株になってくれます。

特に四季咲き品種の中では特筆するほどの耐寒性を持っているため、寒冷地でも丈夫に育ってくれるたくましさも魅力です。当園でも、外に植わっているダグマ シュペートの多くは枯れずにしっかり越冬してくれています。

耐病性も強い方で、総評すると非常に育てやすい品種になるかと思います。アイスバーグやサマースノーと比べると株ががっしりとして早く大きくなるので、植栽する場合は少し広い場所が必要になりますが、寒い中でもバラを植えたい!という方にはお勧めな品種です。

希少な品種「プレシャス プラチナム」 – 弁質に優れた、イングリッド バーグマンの親品種

キラニー – Killarney

今回ご紹介させていただきます品種はHT種「プレシャス プラチナム」です。

○品種解説ページ: プレシャス プラチナム – Precious Platinum

世界連合バラ協会において、2000年に10番目の殿堂入り品種として選ばれた赤色の名花「イングリッド バーグマン」の親となる品種が「プレシャス プラチナム」になります。

「イングリッド バーグマン」は、整った花形や優れた弁質、照りのある葉や良好な花付きなど総合的に優れた品種で、作出されてからわずか16年で殿堂入りを果たしています。

では、そのルーツはどこにあるかというと、この「プレシャス プラチナム」からいくつか受け継がれています。因みに、「イングリッド バーグマン」のもう片方の親は不明です。

「プレシャス プラチナム」も「イングリッド バーグマン」同様に退色しづらい優れた弁を持ち、鮮やかな赤色の花、照りのある葉、そして新芽が銅葉であるという組み合わせは株全体の観賞価値を飛躍的に向上させ美しい姿を見せてくれます。この照り葉ですが、親をず~っと辿って行くと「ピース」に行き着くので脈々とその性質が受け継がれているのでしょう。

「イングリッド バーグマン」の数少ない欠点として「樹勢がいまいち」である点が挙げられますが、親品種である「プレシャス プラチナム」はその点問題なく樹勢強健で株姿も整いやすく、非常に育てやすい品種となっています。ただ、花形の整いやすさでは「イングリッド バーグマン」に一歩劣ります。しかし、フレーム等で育成すると「プレシャス プラチナム」も見事な剣弁咲きとなりますので、決して花形が悪いわけではありません。

「イングリッド バーグマン」は非常に整った花形が評価されましたが、切り花用の生産ルートには乗ることはありませんでした。花付きは確かに良好なのですが、到花日数(発芽から開花までに要する日数)が少し長く切り花の生産には向かなかったためです。

同じように「プレシャス プラチナム」も遅咲きな点が少し残念なところで、開花して花がらを切ってから次の花が咲くまで少し時間がかかります。株の丈夫さには問題はありませんし、花壇用品種としては大変優れた性質を持っているので、ゆったり落ち着いた心構えで育てていけばバラも返事をしてくれるでしょう。

希少な品種「キラニー」 – 初期HT種、ティーローズの影響が強く出ている強健細枝種

キラニー – Killarney

今回ご紹介させていただきます品種は初期HT種「キラニー」です。

○品種解説ページ: キラニー – Killarney

現在では希少となってしまった最初期のハイブリッドティー種の1つです。作出年は1898年、イギリスの Alexander Dickson II世 が作出しました。先代の Dickson I世 は世界で最も古いバラ育種会社の1つである「ディクソン社」を創立した方です。

キラニーの交配は下記のようになっています。

○Mrs. W.J. Grant × Charles J. Grahame

どちらも当園では取り扱いがないのですが、どちらも Dickson II世 作出のハイブリッドティー種です。「Charles J. Grahame」はクリムソンレッドの花で、キラニーの色が少し濃くなった一因になっているようですが、交配親は不明。もう片方の「Mrs. W.J. Grant」は、なんとあの「ラ・フランス(La France)」と「レディー マリー フィッツ ウィリアム(Lady Mary Fitzwilliam)」の子供です。

両者ともにハイブリッドティー種確立の立役者となった歴史的な品種です。特に、ラ・フランスは結実性の悪さから交配親としてあまり利用されなかったのですが、数少ない交配種である「Mrs. W.J. Grant」が多くの子供を残しています。


さて、作出年からも分かる通り「キラニー」は非常に古い品種で現在は希少になっています。以前「アイリッシュ エレガンス」の記事でも書きましたが、黄色の色素を持ってきてくれた「スブニール ド クロージュペルネ(1920年作出)」以前のハイブリッドティー種は、実は病気耐性や樹勢が強い傾向にあります。これは、ロサ・フェティダ系が持っていた”弱点”の影響を受けていないからです。最初期のハイブリッドティー種は、20世紀中頃の品種よりも強いことが多いです。

「キラニー」もその例に違わず、非常に丈夫なハイブリッドティー種となっています。初期ハイブリッドティー種なのでティーローズの影響がまだ強く残っており、細枝性で花弁数が少なめ、花の開きが早いのですが花付きは良好です。樹は半直立性、細枝ながらよく伸長し大型の樹になってくれます。樹勢強健で病気や寒さにもある程度の耐性を持っている、非常に育てやすい品種といえるでしょう。(ただ、四季咲きなので病気にかからないとまでは言えません)

「古い=まだ改良前で弱点も多い」というわけではありません。逆に古いからこそ勝っている性質もあります。「キラニー」は派手さはありませんが、丈夫に育ってくれるので珍しい品種が欲しい場合におひとついかがでしょうか。

希少な品種「アイリッシュ エレガンス」 – HT種初の一重咲き品種、細枝ながら丈夫なバラ

アイリッシュ エレガンス – Irish Elegance

今回ご紹介させていただきます品種はHT種初の一重咲き「アイリッシュ エレガンス」です。

○品種解説ページ: アイリッシュ エレガンス – Irish Elegance

1905年作出の非常に古い品種。イギリスの「アレキサンダー・ディクソン2世」によるハイブリッドティー種初の一重咲き品種と言われています。

半横張り上に大変丈夫に育ち、独特の珊瑚色の色調も味わい深い。初期ハイブリッドティー種らしく細枝ですらりと伸びていきます。トゲは少し多め。大変花付きがよく、房になって咲くこともあります。

この品種の交配親も非常に特徴的で、アメリカの原種である「ロサ ヒベルニカ」が使われています。一重の花型はこの「ロサ ヒベルニカ」から受け継がれたようです。四季咲き性を与えてくれたもう片方の「ハイブリッドティー種」は謎のままです。

◯Rosa Hibernica × ハイブリッドティー種

初の黄色ハイブリッドティー種である「スブニール ド クロージュペルネ(1920年作出)」より前のハイブリッドティー種は、黄色の色素(ロサ・フェティダの黄色)を持ち合わせていないため、実は耐病性や樹勢などが比較的強いという特徴があります。「スブニール ド クロージュペルネ」は確かに後のバラの歴史に大きく貢献しましたが、病気の弱さも「ロサ・フェティダ」から持ってきてしまったという経緯があるからです。

これより前の作出である「アイリッシュ エレガンス」は、まだそれらの影響を受けていないので四季咲きハイブリッドティーの中でも育てやすい品種となっています。親にほぼ完全な耐病性と耐害虫性を持ち合わせた「ロサ ヒベルニカ」を使っているので、見た目の割にかなり丈夫で大型の株になる品種となっています。ただ、四季咲きということは「ロサ キネンシス」の血筋でもあるので、「ロサ ヒベルニカ」ほどの耐病性は持ち合わせていない点に注意。

一重咲きの花を見ると一見地味に見えてしまいますが、豪華絢爛な花弁数の多い品種とは異なる重要なメリットがあります。それは、「夏でも花型が乱れない」という特徴です。

花弁数が多い品種は気温が低いめの季節、つまり春と秋の二期には花弁の形成がゆっくり進むので非常にしっかりした、豪華で重量感のあるきれいな花になります。ただ、夏の暑い時期では開花が早すぎて花弁数が少なくなりきれいな花型になりにくくなる欠点もあります。

一重咲きの品種は、花弁数が非常に少ないため、夏の暑い時期でも花弁の形成が通常通り間に合い花型にはあまり影響を及ぼしません。つまり、一年を通してその品種本来の花が常に咲いてくれるというメリットがあります。

このことから、秋の花に向けて枝の充実や開花調整を目的とした「夏剪定・摘蕾」などの作業は基本必要ないと言えるでしょう。株が元気であれば夏にも開花させていただいて結構です。「アイリッシュ エレガンス」は細枝でありながら樹勢はよいほうなので枝の充実も問題ありません。

現在ではあまり流通していないのですが、初の一重咲きという功績はしっかし残しておきたいですね。