未分類」カテゴリーアーカイブ

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

素晴らしい一年のはじまりをお迎えできましたこと、その限りない恵みに感謝しております。
心新たにより多くのばらと、ばらを愛する方々と共に歩んでまいります。

本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

福寿草

2016年もありがとうございました。

2016年も残すところ、いよいよあとわずかとなりました。

一生の思い出となるような、素晴らしい体験をなさった方も、逆にありえないと思えるほどの悲しみやショックに襲われた方も、本当に、さまざまでいらっしゃるかと思います。
私共にとってもやはり、大小さまざまな変化がございました。

変化は常に不安を伴うものですし、握りしめていたものを手放すことにも、大きな勇気が必要となります。あまりにも疲れすぎたり、悲しすぎたり、許せなかったり…越えてゆこうという気持ちすら湧いてこない現実が、実際に存在しております。

そのようなとき、花は本当に強いものだなと思います。
根をおろしたその場所で、全力で咲くことのみに集中する花たち。
花のようにただ生きることが、人間に可能なのでしょうか。

人間は優れた思考力を持つがゆえに、かえっていろいろな心配をしてしまいますし、ことはそんなに単純ではないとも思ってしまいます。それでも、私達の本当に純粋な部分、魂の願いともいえる部分は、花のようにただ生きることを望んでいるように思います。それぞれの表現で、それぞれの日常で、愛すること学ぶ私達であるように…。

年の瀬そして年明けという重要な節目の時期に、今一度お世話になったこと、やり残してしまったこと、これから成し遂げたいことなどに思いを馳せて、まっさらな気持ちで新年を迎えたく思います。皆様からのこの一年のご厚情、ご愛顧、さまざまなお心遣いすべてに、心より深く感謝申し上げ、素晴らしい年の幕開けとなりますことを祈念いたします。

トレジャー・トローブの冬景色
▲トレジャー・トローブ

よみがえる命

ばらの鉢苗の根をチェックしていたときのことです。
「あっ」と思わず息が詰まりました。
鉢土の中で大きなトノサマガエルが冬眠に入ったばかりでした。

(画像は省略させていただきます…。)

うーん、でもなぜわざわざ鉢土の中に?確かに2年生苗は常に新しい土で植え付けられますので一番肥沃な土壌であることは確かですが…。
しかも他のカエルではこのようなことはなく、必ずトノサマガエルなのです。私達の農場では、植え付けはかなり固めに行いますし、体の大きなトノサマガエルがどうやって冬眠のために鉢の中に潜り込むのか、とても不思議です。

しかし、これは久しぶりの出来事でした。かつて当農場には本当にたくさんのカエルが住んでいたのに、ここ数年はその姿を見かけることが、とても少なくなっていたからです。特にトノサマガエルはその傾向が顕著であったと思います。しかし昨年あたりから徐々に増え、鳴き声も聞かれはじめ、数年ぶりに冬眠中の出会いも訪れました。見つけたときはとてもびっくりしてしまいますが、少しずつ生息数が回復しているのかなと思いますと嬉しさがこみ上げます。

両生類は全体的に減少していて、そうなると特定の虫だけが大量発生して作物にも被害が及ぶなど私達への影響も消して少なくはないとのこと。はるかな昔、豊葦原の瑞穂の国と謳われた美しい風景が少しでも多く残せますように、敬意をもって命の輝きを見つめてまいりたいと思います。

長野県須坂市の菊花展にて。

とても美しい、芸術的な菊の花を鑑賞させていただきました。ひとつの株からこのように同じ大きさの花が、ほぼ同時に咲く不思議…栽培される方の丹精に圧倒されます。

こちらは農場近くの天神様のお社にて。天神様といえば梅の花ですが、菊も素敵です。晩秋の、お花が少ない時期に凛とした花を咲かせる菊は、まさに神様のご神気そのものという気が致します。

早咲きのつる性庚申バラ、花付き良い白色花 – 「ロサ キネンシス アルバ」

ロサ キネンシス アルバ – Rosa chinensis alba

春まだ浅き日々が続く毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。

しばらく更新が止まってしまい申し訳ございません。
現在、春の新苗に向けて接ぎ木作業を行っております。大苗、長尺苗の在庫は少なくなっておりますが、その場合は新苗のご予約でしたらお受け可能です。今年も当園自慢の古い品種たちを皆様にお届けできるよう、頑張ってまいります。

さて、久しぶりの品種紹介となります。今回は「ロサ キネンシス アルバ」をご紹介いたします。

ロサ キネンシス アルバ – Rosa chinensis alba

別名は「白長春(しろちょうしゅん)」。長春花(ちょうしゅんか)は庚申バラ(ロサ・キネンシス)のことで、「白長春」はそれら庚申バラの白花バージョンという意味です。実際は咲き始め弁端に淡いピンク色がかかります。蕾の状態では少し紅が差していて、花や葉との対比が美しい品種です。

通常のつる性庚申バラと同様、早咲きで平地では4月中頃から開花が見られることもあります。完全なつる性で、通常のロサ・キネンシスと異なるところは花が大きいこと、花弁が多いこと、そして「一季咲き」である点です。

花付きは大変良く、ステムが短めなのでご家庭用の白つるばらとして多くの場面で活躍できます。ほのかにキネンシスの甘い香りもあります。トゲは少なく、少し野性味がある枝ぶりですが比較的素直で扱いづらいこともないため、壁面やトンネルなどへ便利にお使いいただけます。伸長力は3m以上、よく伸びるので単体のアーチでは演出が難しいかもしれません。大きい構造物のメインとして扱うとよいでしょう。

比較的病気耐性はあるほうですが、うどんこ病には注意が必要です。風通しのよい場所へ植栽しましょう。

早咲きであること、そしてステムが短めという長所があるので演出効果が得られやすい品種です。葉の茂りや花付きも問題ないので、春をいち早く彩って欲しい場所にはうってつけの品種かと思います。あまり表立って紹介はされませんが、白つるバラとしてはとても優秀な品種なので、庭園素材の1つとして候補に入れていただけましたら幸いです。

シックな絞りの花、トゲの少ない枝も嬉しい – 「オノリーヌ ド ブラバン」

オノリーヌ ド ブラバン – Honorine de Brabant

水たまりも氷が張っています。本格的に冬が来ます。

本日ご紹介する品種はブルボン・ローズ「オノリーヌ ド ブラバン」です。

オノリーヌ ド ブラバン – Honorine de Brabant

「コマンダン ボールペール」の枝変わり、と記述されているものもありますが、枝葉の特徴が違いすぎるので恐らく間違いかと考えています。可能性があるのならば「コマンダン ボールペール」と何かの交配種と考えるのが自然ですが、アメリカバラ協会・国際バラ品種登録局が発行している「Modern Roses Ⅺ」でも交配に関する記述はないので当園では「作出者、交配に関しては不明」とさせていただいております。

「オノリーヌ ド ブラバン」の特徴は人目を引く絞りの花です。白地に灰色味をおびた赤紫色のストライプが入ります。葉も明るい緑色の葉でよく茂り、爽やかな印象の中にシックな花色が共演しています。甘いキネンシス系の香りもあります。

他に絞りが入る品種として同系統に「コマンダン ボールペール」と「バリエガタ ディ ボローニャ」があります。特に「バリエガタ ディ ボローニャ」は有名です。「オノリーヌ ド ブラバン」はこれら品種と比べた時、トゲが少ないという点が有利です。すらりとした枝にはトゲが少なく、誘引作業も容易で扱いやすいのが利点です。「バリエガタ ディ ボローニャでは少しトゲが多いかな」と考えている方は、「オノリーヌ ド ブラバン」が大変おすすめです。

「バリエガタ ディ ボローニャ」は一季咲きですから、返り咲きが欲しい場合は「オノリーヌ ド ブラバン」を選んでみるのもよいでしょう。ただ、「オノリーヌ ド ブラバン」の返り咲きは夏頃までで、秋にはあまり開花しないのでご注意ください。返り咲きが少ない分、枝の節が少なく曲げやすくなっているので、返り咲きが少ないというのも強ちデメリットというわけではありません。

若干自立型の株立ちとなりますので壁面や窓まわり、ガゼボ等、ある程度上方向に枝が伸ばせる場所へ植栽します。ステムの長さも程よく、花付きも良い。絞りの花が個性的な美しさを演出してくれるでしょう。

神秘的な趣がある日本生まれの花 – 「そどおり姫(衣通姫)」

そどおり姫(衣通姫) – Sodori Hime

本日、当園で初雪となりました。すぐに溶けるような量ですが、注意したいところです。

本日ご紹介する品種は日本人作出のHT種「そどおり姫(衣通姫)」です。

そどおり姫(衣通姫) – Sodori Hime

日本を代表する育種家、小野寺 透 氏による作品で、「そどほり姫」が本来の表記とのことです。「そどほり姫」(衣通姫)は古事記および日本書紀に登場する皇族の女性で、美しさが衣を通して光り輝いていたという伝承があります。

謎の美女にふさわしく神秘的なおももちを持ち、白色の大きな花は剣弁高芯に整い大変見応えがあります。気候によって花の中心が緑色を帯びるとその神秘性が際立ちます。

花弁が多く花径が大きいのでうつむくこともあり、またいつもきれいに咲くわけではありません。しかしそのような気難しい一面が、かえって挑戦する意欲をかきたてることも事実です。
樹勢も難ありのような言われ方をされることがありますが、こちらに関しましては、特に脆弱さは感じられません。

やや横張り気味に大きな株に育ちます。ほのかにティの香りが漂います。ばららしい気品を何よりも愛する方にとっては、今もなお外せない品種のひとつといえましょう。

枝ぶりも扱いやすい耐寒性抜群の白つるバラ – 「シティー オブ ヨーク」

2015年春カタログ

本日ご紹介する品種は、耐寒性抜群の白つるバラ「シティー オブ ヨーク」です。

○品種解説ページ: シティー オブ ヨーク – City of York

上記写真では上部アーチ部分に「バフ ビューティー」が写っておりますが、今回はその後ろの白い品種についてお話いたします。

ヨーク市はイングランド北部のノース・ヨークシャー州の都市であり、ヨーク大聖堂をはじめ中世の町並みが良好な状態で保存された、大変美しい観光地としても知られています。
アメリカのペンシルベニア州にも同名の都市があり、薔薇戦争で知られるヨーク家の紋章にちなんで「ホワイトローズ・シティ」と呼ばれることもあります。

ばらの「シティ・オブ・ヨーク」も大変に美しい白ばらで、半八重のシンプルな花容に黄色い大きなおしべがひときわチャーミングです。一度に大量に咲く咲き方はしませんが次々と咲かせ、時に秋にも返り咲きます。
葉も光沢のある深緑で美しく、開花がない時期にも楽しめます。

ドロシーパーキンスの血をひいていることもあり、枝は匍匐するように長く伸び伸長力は旺盛です。刺も普通にありますので狭い場所には不向きといえます。
横張りの性質を生かして低いフェンスや、枝を上にあげて窓まわりなどに誘引すると非常に見事です。旺盛に伸びますが、枝ぶりは素直で途中の分岐があまりないため、誘引はしやすいほうだと思います。幅の広いフェンスなどがあればぜひ植栽を考えてみてください。

黒星病にかかることもありますが耐病性も高い方ですし、耐寒性にも優れています。
寒さにも強く、一例では標高1300mくらいの寒冷な土地でも大きく茂っていました。(ちなみに当農場は標高約1000mです。)

白つるばらの代表ともいえる「つるサマースノー」「つるアイスバーグ」「アルベリックバルビエ」の3品種はそれぞれ素晴らしい植栽効果をもっていますが、「シティ・オブ・ヨーク」も、けして負けてはいません。

強いて言えばシンプルな花容ながら中輪くらいのサイズがあるので、混植する品種はジプシーボーイなど、同様にあまり花弁数の多すぎない品種が適しているでしょうか。また、花弁の少ない品種は上を向いて咲く性質があるため、パーゴラなど下から見上げて鑑賞する構造物にはやや不向きかもしれません。

ヨーク家の紋章に似た美しい白いつるばら。
当時のバラにはなかった弁質の良さと、強健さを携えて、一点の汚れもなく澄みきったその佇まいは、今後も多くの人びとを魅了し続けることと思われます。